山田さんの tea time(ティータイム)

高齢出産。子育て。雑記ブログです。しばらくは月曜日更新です♪

夫婦間の愛情を取り戻したいあなたに贈る、ニーチェの言葉①自分を知ることから始めよう

夫婦間の愛情を取り戻したいあなたに贈る、ニーチェの言葉①自分を知ることから始めよう

f:id:kirakirapark:20200526214207p:plain

f:id:kirakirapark:20200525034308p:plain

「こんにちは。わたしはお茶をするのが大好きな主婦の山田さんです」

▷山田さんのプロフィール

 

「最近夫が冷たい気がする。」

「一緒にいてもさみしい。」

「このまま死ぬまで冷めた結婚生活を続けるのかと思うとうんざりする。」

 

夫婦が仲良くできたらそれが一番です。

 

仲良くできたら自分が楽しいし、

相手もきっと楽しいです。

 

だけど仲良くなる糸口すら見失ってしまった時には、

どうしたら良いのか。

 

私は時折思います。

一番身近な人間といがみ合いながら生きていくのは一番の不幸ではないのかと。

 

不幸ならばいっそやめてしまったほうがお互いの幸せの為ではないのかと。

 

だけどそう結論を出して、

行動に移すことはいつでもできます!

 

まずは、

一緒にいる時にしかできない、

今を温める方法について考えることにしました。

 

私が怒っている時は、
夫も不機嫌でした。


私が夫の欠点に嫌気がさしている時は、

夫もまた、

私の欠点にうんざりしていました。


だけど今は少なからず、

イライラは最小限に、

淡々と過ごせています。


夫は日常の何気ない話を私にし、

私の目を見て、

私の言葉に耳を傾けるようになりました。

 

夫婦間の愛情を取り戻したいあなたに贈る、

ニーチェの言葉です。

  • 自分を知ることから始めよう
  • 「~のために」行うことをやめる
  • 朝起きたら考えること
  • この瞬間を楽しもう
  • いつかは死ぬのだから
  • 必要な鈍さ
  • 友情の才能が良い結婚を呼ぶ

 

ニーチェとは、

19世紀後半に生きた、

ドイツの哲学者です。

f:id:kirakirapark:20200526035523j:plain

名前を聞いたことがある人はたくさんいると思います。

フリードリヒ・ニーチェ - Wikipedia

 

 

自分を知ることから始めよう

f:id:kirakirapark:20200526041556p:plain

自分についてごまかしたり、

自分に嘘をついたりしてやりすごすべきではない。

自分に対してはいつも誠実であり、

自分がいったいどういう人間なのか、

どういう心の癖があり、

そういう考え方や反応をするのか、

よく知っておくべきだ。

 

なぜならば、

自分をよく知っていないと、

愛を愛として感じられなくなってしまうからだ。

愛するために、

愛されるために、

まずは自分を知ることから始めるのだ。

自分さえも知らずして、

相手を知ることなどできないのだから。

 

山田さんの考察『自分を知ることから始めよう』

f:id:kirakirapark:20200525034308p:plain

自分に対しいつも誠実であることは大事だと思います。

 

誠実な自分を自分で信頼できるようになるし、

自分を大切にできる感覚はとても心地が良いです。

 

自分を信頼し、

大切にすることができると、

愛される自分を受け入れることができます。

 

「~のために」行うことをやめる

f:id:kirakirapark:20200526041556p:plain

どれほど良いことに見えても、

「~のために」行うことは、

卑しく貪欲なことだ。

 

誰々のためにであろうとも、

何々のためにであろうとも、

それが失敗したと思えるときには相手、

もしくは事情や何かのせいにする心が生まれるし、

うまくいったと思えるときには、

自分の手柄だとする慢心が生まれるからだ。

 

つまり本当は自分のためだけに行っているのだ。

けれど、

純粋に能動的な愛から行われるときには、

「~のために」という言葉も考えも出てくることはない。

 

山田さんの考察『「~のために」行うことをやめる』

f:id:kirakirapark:20200525034308p:plain

自分の欲望を他人の責任におしつけるなど、

ありがちですが、

恐ろしい行為です。

 

たとえ失望しても、

がっかりしても、

だれの責任でもなく、

すべて自分の心の内での出来事にすぎません。

 

だけど他人の責任のように錯覚しがちだから、

結局何も解決しないし、

恐ろしいのです。

 

朝起きたら考えること

f:id:kirakirapark:20200526041556p:plain

一日を良いスタートで始めたいと思うなら、

目覚めた時に、

この一日のあいだに少なくとも一人の人に、

少なくとも一つの喜びを与えてあげられないだろうかと思案することだ。

 

その喜びは、

ささやかなものでもかまわない。

そうして、

なんとかこの考えが、

実現するように努めて一日を送ることだ。

 

この習慣を多くの人が身につければ、

自分だけが得をしたいという祈りよりも、

ずっと早く世の中を変えていくだろう。

 

山田さんの考察『朝起きたら考えること』 

f:id:kirakirapark:20200525034308p:plain

誰かを喜ばすために思案することは、

自分を最も簡単に喜ばす方法だと思います。

 

この瞬間を楽しもう

f:id:kirakirapark:20200526041556p:plain

楽しまないというのは良くないことだ。

つらいことからいったん目をそむけてでも、

今をちゃんと楽しむべきだ。

 

たとえば、

家庭の中に楽しまない人がたった一人いるだけで、

誰かが欝々としているだけで、

家庭はどんよりと暗く不快な場所になってしまう。

もちろん、

グループや組織においても同じようになるものだ。

 

できるだけ幸福に生きよう。

そのためにも、

とりあえず今は楽しもう。

素直に笑い、

この瞬間を全身で楽しんでおこう。

 

山田さんの考察『この瞬間を楽しもう』

f:id:kirakirapark:20200525034308p:plain

楽しまないことは罪だと思います。

それは、

身近にいる人たちの楽しい気持ちまで削いでしまうことだからです。

 

いつかは死ぬのだから

f:id:kirakirapark:20200526041556p:plain

死ぬのは決まっているのだから、

ほがらかにやっていこう。

 

いつかは終わるのだから、

全力で向かっていこう。

 

時間は限られているのだから、

チャンスはいつも今だ。

 

嘆きわめくことなんか、

オペラの役者にまかせておけ。

 

山田さんの考察『いつかは死ぬのだから』

f:id:kirakirapark:20200525034308p:plain

この生涯が、

実はとても短いことに気がつくのはいつの瞬間でしょうか。

 

明日までの可能性だってあるかもしれないのに、

今日をつまらなく生きたら、

本当に悔いが残ります。

 

必要な鈍さ

f:id:kirakirapark:20200526041556p:plain

いつも敏感で鋭くある必要はない。

特に人との交わりにおいては、

相手の何らかの行為や考えの動機を見抜いていても知らぬふうでいるような、

一種の偽り鈍さが必要だ。

 

また、

言葉をできるだけ好意的に解釈することだ。

 

そして、

相手をたいせつな人として扱う。

しかし、

こちらが気を遣っているふうには決して見せない。

相手よりも鈍い感じでいる。

 

これは社交のコツでもあるし、

人へのいたわりともなる。

 

山田さんの考察『必要な鈍さ』 

f:id:kirakirapark:20200525034308p:plain

夫のちょっとした悪だくみや、

要領の良い振る舞いなどに気がついた時でも、

こちらが気がつかないふりをして、

何事もなかったかのように振舞っていると、

 

夫の私に対する優しさや、

気遣いとして還ってくることがあります。

 

車のハンドルには安全のため『遊び』があります。

わずかな左右の動きには反応しないようにできているように、

 

夫婦の間にもちょっとした『遊び』がある方が、

安全運転ができるのかもしれません。

 

友情の才能が良い結婚を呼ぶ

f:id:kirakirapark:20200526041556p:plain

子供というものは、

人間関係を商売や利害関係や恋愛から始めたりなんかしない。

まずは友達関係からだ。

楽しく遊んだり、

喧嘩したり、

慰め合ったり、

競争したり、

互いに案じたり、

いろんなことが二人の間に友情というものをつくる。

そして、

互いに友達になる。

離れていても、

友達でなくなることはない。

 

良い友達関係を築いて続けていくことは、

とってもたいせつだ。

というのも、

友達関係や友情は、他の人間との関係の基礎にもなるからだ。

 

こうして良い友達関係は、

良い結婚を続けていく基礎にもなる。

なぜならば結婚生活は、

男女の特別な人間関係でありながらも、

その土台には友情を育てるという才能がどうしても必要になるからだ。

 

したがって、

良い結婚になるかどうかを環境や相手のせいにしたりするのは、

自分の責任を忘れたまったくの勘違いということになる。

 

山田さんの考察『友情の才能が良い結婚を呼ぶ』

f:id:kirakirapark:20200525034308p:plain

相手や環境に変化を求めても、

まったく解決しない時は、

まさにここに当てはまるのかもしれません。

 

良い人間関係を育てることをしようとせずに、

自分以外のところに原因を求めている限り、

それは責任逃れと勘違いと言われても仕方がないのでしょう。

 

私は物事がうまく回らない時に、

夫の一挙一動に対して無性に腹が立ってくることがあります。

こういう時はきっと、

うまくいかないのは夫のせいだと思っているのでしょうね。

 

そして夫に対して無性に腹が立っている時に、

物事がうまくいった試しはありません。

 

次回の予告

長くなりましたので、

記事を2回に分けます。

 

【次回予告】

夫婦の間の愛情を取り戻したいあなたに贈る、ニーチェの言葉②

  • そのままの相手を愛する
  • より多くの愛を欲しがるうぬぼれ
  • 最大のうぬぼれ
  • 愛することを忘れると
  • 愛する人の眼が見るもの
  • 求めるものはここにある
  • 離れて初めて把握できる
  • 遠くから振り返れ
  • 美しく見る眼を持つ

 

【ニーチェの言葉】

友達ができないと悩むあなたへ - 山田さんの tea time(ティータイム)

 

【あわせて読みたい】

夫婦円満と離婚の準備 - 山田さんの tea time(ティータイム)

夫婦円満になる方法を考えた - 山田さんの tea time(ティータイム)

離婚を考えたらする準備 - 山田さんの tea time(ティータイム)

 

▽コチラの本を参考にしています。

 

▽ポチっとお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村