山田さんの tea time(ティータイム)

35歳で結婚。 36歳、39歳、42歳で3人の子供を出産しました。 現在夫と2人の子供と共に暮らしている主婦です。 生活や子育て、妊娠出産、おでかけ、美容について、 実際に生活に取り入れて良かったことを書いていきます。

夫婦円満の努力と、離婚の準備は、同時進行が良いというところに行きついた

夫婦円満の努力と、離婚の準備は同時進行が良いというところに行きついた

f:id:kirakirapark:20200518064132j:plain

なぜこのようなことを思うようになったかというと、

先日、

離婚届を役場に提出した後、

一晩放置するという、

かつてない離婚危機があったからです。

 

▽離婚届を役所の夜間窓口に提出しました。

www.akippe.com

夫が自分で書いた禁煙の誓約書の内容をやぶりました。

約束を破ったら離婚をすると書いていたので、

 

金曜日の仕事帰りに、

夫は自分で夜間窓口に離婚届を出しに行きました。

f:id:kirakirapark:20200518064345p:plain

あとは、

夜間窓口に預けた離婚届が、

月曜日に受理されるのを待つのみでした。

 

禁煙の誓約書に関しては、

夫が一から自主的に書いて印を押して私に渡してきたものですが、

できもしないような誓約書を書くような状況に追い込んだことには、

若干責任を感じております。

 

ところが、

この離婚騒動の結果は、

月曜日を待たずして出ました。

 

土曜日の朝、

夫は自分で夜間窓口に離婚届を取りに行っていたらしいです。

 

金曜日の夜に、

二人でタバコについて、

ゆっくり話し合いができたから、

離婚届けを引き取りに行ったとのことでした。

 

「いよいよ明日(月曜日)になったら離婚届が受理されるね。」

 

私が日曜日の午後、

離婚届の話を夫に振ったことから発覚しました。

 

「もう離婚届を回収しに行ってあるから受理はされないよ」

 

「?!!」

 

戸惑いもありましたが、

内心ほっとはしました。

 

だけど何も言わずに取りに行って、

その後も報告せずに何となく暮らしているって・・・。

 

この離婚騒動は、

とんだ茶番となりましたが、

愚かな行為を止めることはできました。

 

なぜ愚かかというと、

離婚が愚かなわけではなく、

ノープランで離婚しようとしていた私たちが愚かだったということです。

 

子供が二人もいるのにね。

 

とにかく

夫の禁煙に、

散々干渉してきた私でしたが、

 

夫の様子と、

禁煙との戦いの6年半を振り返り、

もう夫の禁煙に関わるのはやめようと思いました。

 

夫の問題は夫自身の責任で解決してもらうことにしました。

 

一応口では「やめたい」と言っているので。

 

そして私は、

自分自身の問題に取り組むことにしました。

 

それは、

 

離婚は、

子供や自分のために、

計画的で用意周到でなくてはならないということ。

 

今まで夫任せだった、

夫婦円満であるために努力をすること。

です。 

 

夫婦円満の努力と、

離婚の準備。

 

具体的にはどの様なことをしたら良いのかを考えました。

 

 

夫婦円満について考えてみた

 結婚9年目にして初めて夫婦円満とはどういうことかと、

初めて考えました。

f:id:kirakirapark:20200518064732p:plain

私が自分の子供時代に見てきた両親の夫婦の在り方は、

到底夫婦円満とは程遠いものでした。

そのことに気がついたのは、

自分自身が大人になってからでした。

 

「夫婦円満って、どういうことー?!」

f:id:kirakirapark:20200518072853p:plain

 

私の子供時代、

母はいつも父の顔色を窺い、

父の悪口を言い、

自分のことを、

「不幸だ」

「可哀そうだ」

と言っていました。

 

だけど何事もなかったように父の前で振る舞い、

日々を過ごし、

そして、

また父のいない時に私の元へやってきて、

父の悪口を話していました。

 

父は、

娘の私のわがままをよく聞いてくれましたが、

私が自分の思うようにコントロールできないことがわかった時には、

私がいかに頭が悪く、

要領が悪く、

世間的に恥ずかしい娘であるか、

もっとひどい言葉で、

懇々と聞かされました。

 

それは、

家で宿題をやっている時や、

テレビゲームをやっている時、

夜中に私がせき込んで止まらなくなった時、

家で歌を歌っていた時、

門限の夕食の時間までに家に帰れなかったときなど、

父の機嫌を損ねた時に、

よく起きました。

 

両親の英才教育の賜物か、

私はおそろしく自損意識の低い子供に成長し、

人目を気にして、

自分自身を害する人間の機嫌を窺うように生きる人間へと成長しました。

 

私が自分自身の中に前向きな変化をもたらしたのだとしたら、

それは私が人生の途中で随所随所に出会った恩師や友人たちのおかげです。

 

その様な状況の中で育ってきたので、

中々気づきはしませんでしたが、

私の幼少期はさみしいもので、

両親は夫婦円満ではなかったなと思います。

 

夫婦像が自分の両親が基準だった私なので、

夫婦円満とはなんだろう。

と思い至ったこと自体が、

新たな自分との遭遇でした。

f:id:kirakirapark:20200518065042p:plain

 

夫婦円満だとどのような良いことがあるのか
  • 子供の情緒が安定する。
  • 幸せ。
  • 両親が子供にとっての良いモデルとなれる。
  • 家庭の場が、その家に所属する人間すべての安らぎとなる。

f:id:kirakirapark:20200518065340p:plain

 

夫婦円満でないとどのような悪いことがあるのか
  • 子供が気を遣う。
  • 子供が委縮する。
  • 子供が攻撃的になるか、もしくは自分をコロすようになる。
  •  家の中が楽しくなくなる。

f:id:kirakirapark:20200518065648p:plain

 

夫婦円満を維持するためにはどのようなことに気をつけたらよいのか
  • 手作り料理は愛情のマーキング。
  • 『おはよう』『いただきます』『ごちそうさま』『いってきます』『ただいま』『おやすみ』最低限この6つの言葉だけは相手に伝わるように話す。
  • 何気ない会話と小言を8対2くらいにする。
  • 借金や浮気など、相手が何に怒りを感じるかを知り、最低限その部分については守る。

 

今の私に思いつくのはこのくらいです。

f:id:kirakirapark:20200518070253p:plain

 

以前、

良妻賢母とはなにかについて書いてある本を買い、

綺麗な状態のまま本棚に収まっているので、

もう一度ちゃんと読んでみようかなと思っている、

今です。

f:id:kirakirapark:20200518070626p:plain

 

離婚の準備について考えてみた

離婚の準備は夫婦円満の役に立つと思います。

いつでも自立できる、

一人で生活していけるように、

日ごろから心構えと金銭的な準備をしておくと、

余裕が生まれます。

 

離婚の準備をしておくとどのような良いことがあるのか
  • 心の余裕に繋がる。
  • 夫婦関係に依存しないで済む。

 

離婚の準備をしておかないとどのような悪いことがあるのか

いざ離婚をしようと思っても、

潔く速やかに別れられなかったり、

 

子供達に想定以上の金銭的苦労をかけてかけてしまう可能性があります。

 

どうしたらいいのか、

何から手を付けたらよいのかわからなくて右往左往する姿は、

子供を不安にさせそうです。

 

離婚の準備とはどのようなことをしたらよいのか

考えておくこと

  • 離婚後にどこで暮らすか。
  • 引っ越し費用をいくら準備しておくか。
  • 家具の分配について。
  • その後の生活のシミュレーション。
  • 収入源をどうするか。
  • 貯金がどのくらいあればいいのか。

 

離婚後どこで暮らすかは、

子供の学区も関係してきます。

 

引っ越し費用は、

新居を借りる時のお金や、

引っ越し費用や、

新しい家具を買うお金なども含まれます。

 

家具の分配は、

今夫婦や家族で使っている家電や家具から持っていくものをあらかた考えておきます。

 

離婚をしてから、

このようなつもりはなかったとならないように。

朝起きてから眠るまでの生活の様子をシミュレーションしておきます。

習い事はどれだけやらせてやれるか、

どれくらいの時間子供と一緒にいられるのか。

遊びには連れて行ってやれるのか。

いろいろなことを想像しておきます。

 

大切なお金。

収入源である仕事をどうするかは重要です。

 

そして子供二人と自分が三人で暮らしていくには、

ひと月にどれほどのお金が必要になるのか。

 

子供が小さければできるだけ子供のそばにいたいですが、

収入と空いた時間のバランスをどのようにして取ればよいのか。

 

自分が持っているスキル。

そのスキルは需要があるのか。

結婚して以来、

外で仕事をしていないので、

ブランクが気になります。

 

沢山想定しておかなければならないことがあるし、

準備しておかなければならないことが沢山あります。

 

その場の勢いや感情だけで行動してしまったら、

自分だけでなく、

子供の苦労も増やしてしまうでしょう。

 

このように考えると、

私は離婚自体を考えたとこは、

一度や二度ではありませんが、

 

夫と別れることにより、

生じるデメリットが、

離婚と本当に見合っているのかどうかは、

別れる前に一度冷静になって考える必要があります。

f:id:kirakirapark:20200518071340p:plain

 

さいごに

大切な子供を幸福感の中で育てたい。

夫とのご縁を雑に扱わない。

自分自身を幸せにしたい。

 

そのために、

やっておきたい、 

夫婦円満の努力と、

離婚の準備について書きました。

 

夫婦円満や、

離婚の準備に関しては、

後日さらに具体的に掘り下げて書いていきたいです。

 

▽ポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

▽夫婦円満のためにできることは何か考えました。

www.akippe.com

 

会員数150万人超の電話占い「シエロ」

www.akippe.com