山田さんの tea time(ティータイム)

高齢出産。子育て。雑記ブログです。しばらくは月曜日更新です♪

いい人のふりをして攻撃的な人は、一番敵に回してはいけない人

いい人のふりをして攻撃的な人は、一番敵に回してはいけない人

f:id:kirakirapark:20200629055359p:plain

こんにちは。私はお茶をするのが大好きな山田さんです。

 ▷山田さんのプロフィール
 

カバードアグレッションという聞きなれない言葉ですが、

私はメンタリストdaigoさんのYouTubeを見ていて初めて知りました!


いい人のふりしてあなたを攻撃してくる人への対処法

この動画を見ると、

カバードアグレッションなるものがどういうものか、

よくわかります。

実際の撃退法については有料サイトで詳しく解説してくれているようです!

 

私の身近な恐怖体験。いい人で攻撃的ってどういうこと?

みんなの信頼が厚くていい人に、

そっぽを向かれた!

きっかけはちょっとしたラインの言葉の行き違いだったはずなのに、

とんでもない大事に。

 

今まで親しかったはずの周りのみんなも、

足並みそろえて一斉にそっぽを向いた。

私が悪いに違いない。 

どうしよう何とかしなきゃ。

 

そのような時に手を差し伸べてくれるいい人。

縋り付く私。

だけどこの苦しい状況を作り上げた人物が、

実はこのいい人だったとしたら・・・?

なにしろこのいい人、

自分が暗躍している最中でも、

平気で味方のふりができるのですよ。

 

黒幕に気がついた時には、

愕然としますよ。

もう人なんて信用できないって思いますよ!

 

やばいですねえ、

こんな人いたら怖いです。

真綿で首を絞められるようで怖いです。

なまじいい人風だから、

自分以外の誰も気がついていないようで怖いです。

理解者がいなくて辛いです。

 

だけど意外とこういう方、

同じ場所にとどまっていると、

地味に被害者を増やしているので、

ある一定の期間が経過すると、

何人か理解者は登場したりします。

 

しかし手練れのカバードアグレッションなる人物は、

この人物の恐ろしさに気がついている人間ですら、

再び仲間にしてしまうようなテクニシャンな一面があります。

人の心の機微に敏感で、

心の隙間に入り込む技術に長けているのです。

 

今回は私の身近なカバードアグレッションなる人物を参考に、

彼らの危険性や、

私が自分の経験からたどり着いた回避方法について解説します。

 

一度仲間になっちゃうと抜け出すのが大変だし、敵とみなされると大変な思いをします!気をつけてくださいね!

 

いい人風味!カバードアグレッションの傾向がある人の特徴

f:id:kirakirapark:20200629214712j:plain

第一印象はすごみがある。

だけどすごく優しい話し方で、

親切に接してくれる。

 

みんなの信頼が厚く、

コミュニティーで影響力が強く、

重要な立場についていることが多いのですよ。

 

よく気がつく

親切です。

特に互いの関りを強くしていく段階では、

これでもかというくらい良く尽くしてくれます。

会話の何気ない一言をよく覚えていてくれて、

こちらの欲しいものを気を遣わせないように手の届くところに置いておいてくれます。

これは、 

信頼を深めていくまでの段階です。

 

説明が上手

話し方が優しく、

丁寧で、

説明が上手です。

だけどよくよく話を聞いていると内容に偏りがあって、

主観の塊であることがよく分かるのですが、

そこを押し切って余りある説得力で大衆を納得させてしまうのです。

 

その秘訣は、

『みんなのため、あなたのために』です。

 

本当は自分だけのためにですが、

そこは悟らせないのが腕のみせどころ☆

 

権力が好き

目上の人や、

地元の有力者を抑えることに抜かりはありません。

なまじ力のある人と知り合いが多いしまめな人なので、

この人を安易に敵にできません。

 

プライドが高い

さりげなくブランド物をそろえているし、

自分をハイスペックに見せる持ち物にこだわりがあったりします。

身だしなみが適当なところをほぼ見ることはないです。

 

情報を聞き出すのが上手

話し方が優しく、

労わるように話してくれるので、

つい打ち明け話をしてしまいたくなります。

 

打ち明け話は真剣に聞いてくれるし、

とても掘り下げて強い関心を持って聞いてくれます。

 

どんどん内側まで話してしまいます。

 

聞き上手ですよ。

 

だけどこの打ち明け話は、

後々彼らがコミュニティーでより有利に立ち回るための持ち駒にされてしまうので、

そのことはくれぐれもお忘れなく。

 

自分は決して悪者にはならない

絶対に自分は悪者にならず、

自分の周りの人間を使って、

ターゲットを追い詰めます。

 

そして自分は唯一の味方であるかのように振舞い、

時には相談にまでのってくれます。

 

それができてしまうテクニックと、

メンタルの持ち主です。

 

悪口が悪口に聞こえない

お話が上手なので、

彼らが話す言葉はすべて世のため人のために聞こえます。

そうして自分の思想に染まったコミュニティーを作り上げていくのですが、

 

よくよく話の内容を分析していると、

悪口しか言っていません。

 

周りの人間を使うのが上手

こうして自分好みのコミュニティーを作り上げていくのですが、

とても親切にされたあなたも、

深刻な話を話し合ったあなたも、

彼らに友達だとは思われていません。

 

友達だと言ってくれるかもしれませんね。

だけど、

自分を外野から守る砦であり、

外野を思うように操るための持ち駒にすぎません。

 

その証拠に、

彼らの思うように動かなくなったり、

望むような称賛をしなかったり、

異なる意見を熱弁し周りに影響力を発揮しようものなら、

とたんに切り捨てられます。

 

カバードアグレッションなる人物は、

依存関係を作り上げる過程で、

対象者の有益な人間関係を断ち切っていくことにも長けているので、

この人物に切り捨てられたら、

 

独りっきりになってしまうのですよ。

 

カバードアグレッションなる人物に睨まれたらどうなるか

カバードアグレッションなる人物の地雷を踏んでしまい、

手の裏を返したように態度を変えられてしまった時、

その行先に待ち受けるものとは・・・!

 

彼らは人心を操る術にも長けているので、

たった一晩で、

周囲の人間が息を合わせたかのように手のひらを返します。

 

そしてぼっちになる。

・・・の始まりです。

 

自分で一人を選んだわけではなく、

ある日突然独りにされてしまうってのは辛いのですよ。

 

自分のみならず家族全体の足を引っ張られる

彼らは容赦がないので、

ターゲットなる人物の足を引っ張りストレスを与えることは朝飯前です。

「あれだけ親切にしてやったのに!」

と、

ドラマの悪役が大切な人を人質に取って主人公を苦しめるように、

彼らの怒りはあなたの大切にしている人物にまで及びます。

 

自分だけがやられているよりも数倍辛いですよ。

家族の悪評を流されたり、

取り巻きをコントロールして、

大切な人達に対しても辛らつに振舞われます。

 

本人はというと、

表立っては礼儀正しく振舞い、

涼しい顔をしています。

 

嫌がらせの方法は多岐に及ぶ

人の心理に敏感なカバードアグレッションなる人物なので、

心理的に人を追い込むのが非常にお上手。

 

しかも周りの人間には気がつかれないように、

細かくだけど着実にダメージを与えていきます。

 

いかに人に良く見られるか、

いかに人を利用するかに特化して生きてきた方なので、

磨きに磨きをかけたそのスキルは抜群の切れ味です。

 

ターゲットの家族の名誉を傷つけつつも、

あくまでターゲット本人だけがその事実に気がつくように仕向けていきます。

 

心理的に人を追い込むエキスパートと言えます。

 

今いるコミュニティーでの立場を悪くさせられる

あなたは親しかった人達の一変してしまった態度に絶望して戸惑って非常につらい思いをすることでしょう。

一番信頼していた人物が黒幕だと知って、

『人なんて信頼できない!』

『友達なんていらない!』

という心境に落とされてしまっているかもしれません。

 

他人に対して一様に心を閉ざしてしまうので、

そもそもカバードアグレッションなる人物の影響力がなかったコミュニティーでの人間関係にまで、

悪影響をおよぼしてしまう始末です。

 

一人が平和であると開き直る日まで、

苦しみは続きます。

 

そのような時!

独りぼっちになってしまい、

周りは全員敵だらけ!

という心境に陥ってしまった時の、

・・・救いって何でしょう。

 

あなたの周りに、

いつも集団から離れて、

マイペースを貫いている猛者はいませんか?

 

人当たりは優しく、

穏やかだけど、

つるまない。

そんな猛者です。

 

彼らが圧倒的な心のオアシスとなってくれるでしょう。

べつにいきなり友達に立候補するとかそういうことではないです。

 

彼らは何があろうと、

態度をころころ変えたりしないから、

そこにいてくれるだけで安らぐのです。

 

 

そこから学ぶ復活の秘訣は、

相手によって態度を変えず、

だれに対しても礼儀正しく、

むしろ立場の弱い人に対してあたたかく振舞うことです。

 

コツコツと続ければ、

荒れ果てた人間関係に必ず復活の兆しは現れることでしょう。

希望は失わないでください。

 

カバードアグレッションなる人物との関わり方

程度は違えど、

わりと『いい人のふりして攻撃してくる人』は大勢います。

だけど、

すぐに見破れる相手は大したことはありません。

 

本当に危険なカバードアグレッションは、

そう簡単に人に正体を見せないし、

悟らせません。

 

まずはその存在に気がつくことから

すごくいい人なんだけど、

話をしているといつも会話が重く、

深刻になってしまう。

そのような相手はいませんか?

 

深いところまで話せて面白いかもしれませんが、

実のところすでにコントロールの始まりです。

 

関わらないのが一番

一緒にいると、

いいことを話し合っているはずなのに、

いいことをしているはずなのに、

疲れる。

苦しい。

窮地に追い込まれて戦っているこの感じはなんだろう。

この空気感がカバードアグレッションなる人物とのお付き合いです。

最初は正義感に燃えて、

気持ちが良いのですよ。

 

カバードアグレッションなる人物とは、

深く付き合えば付き合うほど、

最終的には心も能力も人間関係も搾取されて終わってしまいます。

 

なぜなら彼らは人を愛したりしないから。

人を判断する基準は、

利用できるかできないかだから。

 

関わったら敵でも味方でもヤケドするぜ。重度のヤケドを負うんだぜ。

 

敵にしてはならず。その理由

正義感を出して真っ向から戦ってはなりません。

陰ながらも張り合ってはいけません。

勝っても負けても破滅しか待っていません。

 

仮に相手を負かしてしまったら、

非常に粘着質なカバードアグレッションなる人物に灯油をかけて火をつけるようなものです。

烈火のごとく立ち向かってくることでしょう。

 

人生の浪費。

時間の無駄なので、

全力で毒にも薬にもならぬちょっと使えそうな人物になりましょう!

 

味方にしてもならず。その理由

味方の時は、

すっごく尽くしてくれるし、

自分のために全力で戦ってくれたり、

この上なく頼もしく思える時があります。

 

しかしマンネリ化した時にふと気がつきます。

「なんか疲れる・・・」

 

いつも誰かや何かを敵視したり、

なんでも大げさにとらえて大騒ぎすることに疲れてきます。

 

最初こそすごく大切に扱われていた気がするのに、

すぐ近くで見る彼らの横顔は、

気のせいか誰のことも敬ってなどいない。

 

もしかして、

数の力として収集されている?

 

いつの間にか自分の本心とは違うところに進んでいても、

言い出しにくくなったりと、

じわりじわりとストレスが溜まっていきます。

 

自分がただの捨て駒だったということに気がつくのは、

意見が完全に食い違った時に、

いとも簡単にほうり出された後のことでしょう。

 

時間をかけて、

友人ではなかったのだと思い知ります。

 

あと、

離れて分かるのですが、

カバードアグレッションなる人物の周りの人間は、

全員“触るな危険”に見えてくるのですよね。

外部の人に“触るな危険”のレッテルを張られるなんて、

人生まるごと損しちゃいませんか。

 

 

着かず離れずが一番。その方法

良好な人間関係を装う

良好な人間関係で自分を守りましょう。

 

カバードアグレッションなる人物は、

とにかく自分の評判を気にするので、

あなたの圧倒的な見方になる人間が多数いるとわかると、

あなたを敵に回しにくいです。

 

それにうまくすれば使えるかもと思ってもらえるので、

生かしておいてもらえます。

 

実は良好な人間関係などなくても、

あるように堂々と振舞いましょう。

 

自分のプライベートな情報を流さない

相手に与えた情報は、

すべて相手の持ち札にされてしまうと心得ましょう。

 

ぜぇったいに悩みや不安、

家庭のこと、

噂話や愚痴を言わないことが肝心です。

ある程度知り合っている人なら大抵知っていそうな程度の当たり障りのない情報を提供しておきましょう。

 

敵意を悟られない

適当によいしょしつつも、

嘘は言っちゃいけないし、

嫌味を混ぜてもいけません。

 

カバードアグレッションなる人物は、

嘘にはとても敏感だし、

嫌味も、

ささやかなジャブも、

スルーなどしてくれませんよ。

 

さいごに

いつも人に囲まれていても、

とても孤独なカバードアグレッションなる人物。

だって誰も愛していないから。

誰も敬っていないから。

同じことを繰り返し続けている以上、

彼らの人生はしりすぼみです。

 

人は歳をとるにしたがって、

様々なしがらみからも卒業していきます。

 

カバードアグレッションなる人と、

上手く付き合わなきゃならない理由はなくなります。

 

連絡しなきゃ会わなくて済むのだし。

さらっと音信不通、

自然消滅を狙えばよいのです。

 

社会のしがらみから自由になったら、

一緒にいる人は自由に選びたいですよね!

だから、

・・・カバードアグレッションなる振る舞いをずっとしていると、

周りから人がいなくなります。

 

遠くから、優しく見守っていきましょう!

 

 あわせて読みたい記事はこちら。

 

【カバードアグレッションな人物が幼稚園ママにいて苦労しました】

ママ友いじめ対処法。まとめ - 山田さんの tea time(ティータイム)

 

【ちょっと誰かに励ましてもらいたい時にどうぞ】

辛い時に読みたいニーチェの言葉 - 山田さんの tea time(ティータイム)

 

 

にほんブログ村に参加しています。ポチっとお願いします(・ω・)ノ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村