山田さんのtea time

メールよりもラインよりも、手紙が好き。手紙が持つ特別な効果とは
幼い子供は死を恐れない?
桜文鳥の桜ちゃん逃げる!捕獲に成功したその方法とは
大地震が起きたらそのときどうする?命を守るための方法【前編】

つわりに苦しんでいるママたちへ。無事に出産したママたちの苦しいつわり体験談や対策

スポンサーリンク

つわりに苦しんでいるママたちへ。無事に出産したママたちの苦しいつわり体験談や対策

f:id:kirakirapark:20210611053459p:plain

今つわりの真っ只中にいる方に、それでもなんとかなったんだと、励みになれば。と思い書きます。

私が聞いた、周りのママのつわり体験談です。

私が妊娠中、つわりで辛い時に、他の人のつわり体験談がとても気になり、よく検索していたんです。

ママたちのつわり体験談

私の身近にいるママたちから、実際に聞いた、ママたちのつわり体験談を書きます。

 

嘔吐用のゴミ箱をキッチンに常備したママの話

彼女は料理が好きで管理栄養士の資格を取ったほど。

だけど料理とつわりはとても相性が悪いです。

キッチンの辛いポイント
  • 冷蔵庫のひんやりとした冷気。
  • 食品の匂い。
  • 調理中の匂い。

冷蔵庫の冷気で寒気がしたり、

様々な匂いで吐き気を催します。

立ちっぱなしで倦怠感がぐっと増すこともあります。

 

彼女は何度も嘔吐しながら料理をしていたそうです。

吐きそうになるたびにトイレに駆け込むのが手間だったから、ゴミ箱にビニール袋をかけてキッチンに常備。

嘔吐する時は、キッチンに常備した嘔吐専用のゴミ箱に吐いていたそうです。

料理中の嘔吐対策として、キッチンに嘔吐専用のゴミ箱を常備するって、いい考えですね。

だけど、嘔吐を繰り返しながらも、料理をしていた彼女は、すごいです・・・。

 

つわりが辛くて泣きながら仕事に通ったママの話

彼女は看護師。

結婚して1年後、そろそろ子どもを・・・と考えたのですが、思うように授からず、治療を始めました。

4年半の治療の末、治療にいったん区切りをつけたタイミングで、自然に授かったそうです。

喜んだのも束の間、辛いつわりが始まりました。

 

「あんなに欲しくてたまらなかった子供なのに、つわりが辛くて泣いた。」

と言っていました。

職場に向かう時、泣きながら車を運転していたそうです。

仕事中は気持ちが紛れて少しはマシだった。とも言っていました。

 

動いた方が気がまぎれる場合は確かにありますが、必ずではありません。

つわりが辛い妊娠初期は流産をしやすい時期でもあり、赤ちゃんが体の臓器を作っている大切な期間でもあります。

ご自分の体と、よく相談して、ご自分に合った妊娠初期の過ごし方をしてほしいと思います。

 

他にはこのようなママも・・・

仕事の内容にもよるし、つわりの重さにもよるし、職場にもよるし、家の環境にもよるし、

あの人がこうだったから自分も同じ。ということはないと思います。

それぞれの状況や立ち位置で、しっかりと判断していきたいですね。

 

つわりで仕事をやめたママ

顕微鏡をのぞくお仕事で、

「のぞくたびに吐き気が込み上げて、仕事が続けられなかった。」

っと言っていました。

 

つわりで休職をしたママ

つわりがピークの間は休職していたそうです。

つわりが楽になってから仕事に復帰。

出産後は、お子さんが1歳を過ぎた次の春に保育園に預けて、仕事に復帰していました。

 

つわりがピークの間、トイレで暮らしたママの話

「つわりがひどい時は、トイレで暮らしていたよ。」

「トイレの床に座り込んで、泣いてたもん。なんで妊娠しちゃったんだろう。って。」

そう言いつつも、彼女には現在2人のお子さんがいます。

その子供2人とも、妊娠初期のつわりの時に、同じようにトイレの住人になったそうです。

「2人目の妊娠もつわりが重いとは限らない。と思って2人目を妊娠したけど、・・・やっぱり駄目だった。」

と言っていました。

トイレの住人になるということは、それだけ嘔吐が頻繁で、ひどかったということですね。

辛すぎる(T_T)。 

 

つわり中の上の子の育児。ノーメイクにマスクで子供支援センターに通ったママの話

彼女と顔を合わすのは、地域の子供支援センター。

お互いに未就学児の子供を遊ばせるために通っていました。

f:id:kirakirapark:20210611140322p:plain
 

いつもつけまつげをつけて、バッチリメイクの彼女。

彼女が二人目を授かり、妊娠初期の頃にも見かけましたが、

その時はノーメイクにマスク姿。

部屋の隅の方で、うつむき加減でじっとしていました。

 

後々彼女からつわりがとても辛かった話を聞きました。

「家にいても辛いし、どこにいてもつらいし、だったら上の子遊ばせてやらんとなー。」

と言っていました。

 

つわりが辛くてずっと横になっていたくても、上の子がいると、ずっとは寝ていられないんですよね。

ママがどんな状態であろうと、子供のお世話はノンストップです。

子供のお世話

例えば・・・、

  • 着替えさせる。
  • ご飯を食べさせる。
  • おむつを替える。
  • 遊んであげる。
  • 子供の習い事の送り迎え。

など。

つわり中のママの状態
  • ご飯がまともに食べられない。
  • 二日酔いや乗り物酔いのような状態がずっと続く。
  • 嘔吐を繰り返して体力の限界。

いつも以上に自分のことなんか、かまっていられなくなります。

ボロボロ。

・・・つらい(T_T)。

 

太陽の光を見ると吐き気が込み上げたママの話

太陽のキラッとした光を見ると、吐いてしまったそうです。

一日中部屋のカーテンを閉め切り、布団を頭までかぶり、ひたすら時間が過ぎるのを待っていたとか・・・。

 

お医者さんに入院を勧められ、

ご主人からは、

「頼むから入院して。」と、言われたそうです。

 

「なぜか意地になって、上の子がいるから絶対入院しないって、言ってたんだよね。」

「今は何であんなに意地になっていたのか分からない。」

「家にいても一日中布団の中だったし、私がいる分、手もかかるのに・・・。入院しておけば良かったよ。」

と笑って言っていました。

 

ちなみに、

「つわりがおさまる5ヶ月頃まで、上の子がどうやって暮らしていたのか記憶にないんだよね。」

とも言っていました。

状況により入院が難しい場合はありますが、入院してしまった方が、うまく家が回る時もあるかもしれませんね。

 

さいごに

ママたちの苦しいつわり体験談でした。

他にも、

  • つわり中、なぜか子供の手のひらの匂いが駄目になったママ。
  • 同じ食品ばかり食べていて、冷蔵庫にギッシリ詰めていたのに、つわりがおさまってきたら、むしろいらなくなってしまい、困ったママ。
  • コンビニおにぎりしか食べられなくなり、コンビニ通いをしていたら、上の子に毎回、からあげくんをおねだりされ、困ったママ。

などの話もありましたよ。

 

▽つわりでごはんが食べられなくなって困っているママへ。

▽つわりで飲める飲み物が減っていき、困っているママへ。

 

私は3人出産していますが、3人ともつわりが重い方だったと思います。

つわりがピークを迎える妊娠初期から中期前半にかけて、あらゆることに手を抜いて暮らしていました。

 

次回、

【私の苦しいつわり体験談】を書きます。

 

あわせて読みたい 弐

イライラしている時の処方箋