山田さんの tea time(ティータイム)

35歳で結婚。 36歳、39歳、42歳で3人の子供を出産しました。 現在夫と2人の子供と共に暮らしている主婦です。 生活や子育て、妊娠出産、おでかけ、美容について、 実際に生活に取り入れて良かったことを書いていきます。

つわりで唾液が止まらない。よだれつわりについて

つわりで唾液が止まらない。よだれつわりについて

f:id:kirakirapark:20200429035358j:plain

よだれが出るつわり?

なにそれ?

と思われるかもしれませんが、

 

かつて私も思っていました。

 

3人目のつわりで自分が経験するまでは。

 

よだれつわり、

これがなかなか曲者で、

 

常に口の中に唾液が湧き出してくるものだから、

その溢れた唾液を排出するだけでも大変でした。

 

あの、

梅干を想像した時に口の中に唾液が溢れる感覚が常にある感じです。

 

そのような、

よだれつわりについて、

どのように向き合ったのか、

書いていきます。

 

51種類のベイビー商品を備えたフィニッシュ ベイビーボックス

 

よだれつわりは、つわりのピークと供にやってきた

私は3人出産して、

3人ともつわりが重かったのですが、

 

3人目にして初めてよだれつわりを経験しました!

 

3人目のつわりは他にも食べつわりや、

食べつわりと吐きつわりの同時進行など、

初めて尽くしだったのですが・・・。

 

実は少し軽く見ていたよだれつわりでしたが、

 

そのよだれつわりを実際に経験してみたら大変だった!

という話を書いていきます。

 

よだれつわりは、

つわりがピークになりだした時期から、

つわりの峠を越えるあたりまでありました。

 

私の場合、

妊娠周期でいうと、

8週~11週頃だったか、

 

始めは口の中がやたらと潤うので、

唾液を自然と飲み込んでいたと思うのですが、

飲み込む量が徐々に増えてきて・・・。

 

重症妊娠悪阻で入院した頃には、

溢れる唾液について何も説明していなかったのに、

看護師さんに、

「唾液飲み込まないほうがいいわよ。吐くから」

と言われるほど、

あきらかにごくごく飲みこんでいたようでした。

 

それまで自分ではそれほど意識しては来なかったのですが、

確かに唾液を飲み込むと、

胃の中がもやっとしていました。

 

よだれつわりの対応策

飲み込んではいけないということで、

よだれつわりで溢れてきた唾液をどうしていたかというと、

 

はじめは洗面台まで吐きに行っていました。

病院のベッドのそばには洗面台がついていましたから。

 

だけどそれでは到底追いつきません。

倦怠感が強いのに、

唾液を吐くために何度も洗面台まで行ったり来たりを繰り返すのは辛かったですし。

 

そこで、

ティッシュに吐いてごみ箱に捨てることにしました。

それなら横になったままできます。

 

だけどそれもすぐに断念しました。

 

吐き捨てること大量で、

このままではティッシュがもたないと思ったからです。

ひどい花粉症で鼻をかみつづけて山積みになったティッシュを見るかのようでした。

 

そこで今度は、

ビニール袋がかけてあるごみ箱に直接吐き出すことにしました。

 

お掃除係の人ごめんなさい。

と思いながら、

最終的には直接ごみ箱に唾液を吐き出すことで落ち着きました。

 

退院してからもしばらくはよだれつわりとの付き合いが続きました。

 

そこで、

家ではベッドの枕元にビニール袋を広げておいて、

何枚か吐き戻したティッシュを捨ててから、

直接唾液を出すという方法を取りました。

 

その後いつのまにか口に溢れる唾液は減少していき、

枕元にビニール袋を置くこともなくなり、

よだれつわりは終息していきました。

 

さいごに

私の場合、

 

よだれつわりは、

つわりのピークの時期に寄り添うようにありました。

 

 

つわりがもっともきつい時期に唾液が止まらなくなり、

つわりがピークを越え、

下り始めた頃、

他の症状に比べ早々と治まっていきました。

 

よだれつわりの対応策として、

タオルに唾液を吐き出したこともありましたが、

後でタオルをゆすぎに行くのが辛いし、

すぐにタオルがぐしゃぐしゃに濡れたので断念しました。

 

ベストは唾液専用のごみ箱を枕元に用意することでした。

 

よだれつわりに悩まされた頃は、

ほぼ寝たきりだったので、

枕元のごみ箱で良かったのですが、

 

普段活動している時のよだれつわりならば、

こまめに洗面所にいくことは難しいので、

飲み込んでいくしかないのでしょうね・・・。

 

早くつわりが治まりますように。

 

 

 

▽つわりの様々な辛い症状についてまとめています。

www.akippe.com

 

【送料無料】8年連続口コミNO.1!葉酸定期便

www.akippe.com