自信を失った時に読みたい、ニーチェの言葉

スポンサーリンク

自信を失った時に読みたい、ニーチェの言葉

f:id:kirakirapark:20210401021322p:plain

ニーチェとは、19世紀後半に生きた、ドイツの哲学者です。

フリードリヒ・ニーチェ【1844年~1900年】。

自信を失った時に読みたい、ニーチェの言葉を集めました。

“始めの一歩は自分への尊敬から”

自分はたいしたことがない人間だなんて思ってはならない。それは、自分の行動や考え方をがんじがらめに縛ってしまうようなことだからだ。

そうではなく、最初に自分を尊敬することから始めよう。まだ何もしていない自分を、まだ実績のない自分を、人間として尊敬するんだ。

自分を尊敬すれば、悪いことなんてできなくなる。人間として軽蔑されるような行為をしなくなるものだ。

そういう風に生き方が変わって、理想に近い自分、他の人も見習いたいくなるような人間になっていくことができる。

それは自分の可能性を大きく開拓し、それをなしとげるにふさわしい力を与えることになる。自分の人生をまっとうさせるために、まずは自分を尊敬しよう。

出典元:超訳 ニーチェの言葉

『自分はたいしたことがない人間』だと、習性のように、思っていたことがあります。

 

思うこと

自分の可能性を大きく開拓するには、まずは、自分自身を尊敬することから!

自分自身を尊敬するだなんて、

・・・尊敬できるポイントが見つからなかったら、どうしたらいいの?

まだ何もしていない自分を、まだ実績のない自分を、人間として尊敬するんだ。

出典元:超訳 ニーチェの言葉

尊敬できるような自分に、これからなっていくのですね。

まずは、何もなくても、「私は、素敵!」から始める。・・・思うだけならできそう!

たいしたことがない。

と、思うよりも、明るい気持ちで過ごすことができそうですね。 

 

“自分の評判など気にするな”

誰だって、他人から自分がどう思われているか知りたいものだ。よく思われていたいし、少しは立派だと思われたいものだし、大切な人間の部類に入れてほしいものだ。だからといって、自分への評価を気にするばかりに、聞き耳を立てるのはよくない。

なぜなら、人間というのは間違った評価をされるのがふつうのことだからだ。自分が思うように、自分が望むように評価してくれることなんかほとんどない。そういうのとは全然ちがう評価をされてるのがまったくふつうだからだ。だから、腹を立てないためには、自分の評判や評価など気にしてはいけない。他人がどう思っているかなんてことに関心を向けては絶対にいけない。そうでないと、本当は嫌われているのに、部長だの社長だの先生だのと呼ばれることに一種の快感や安心を覚えるような人間になってしまう。

出典元:超訳 ニーチェの言葉

人からどう思われているのか・・・。誰もが、気にして思い悩んだことがあるのでは?!

 

思うこと

自分の評判に、深い意味などない。ということでしょうか。

誰かの作為で、簡単に人の評判なんて、左右されてしまうことがあります。

そのような移ろいやすいものに一喜一憂していたら、身が持たないです。

本当は嫌われているのに、部長だの社長だの先生だのと呼ばれることに一種の快感や安心を覚えるような人間になってしまう。

出典元:超訳 ニーチェの言葉

そんなの嫌!

ゴッホや、宮沢賢治など、生前は評価がパッとせず、

本人が亡くなってから、高く評価されるようになった偉人は、意外といますね。

本当に重要なのは、実際はどのような人間なのか。

・・・というところです。

 

“始めの一歩は自分への尊敬から”。

評判よりも大切なのは、

自分で尊敬できるような、自分であること。

・・・なのかもしれません。 

 

“自分自身を見つけたい人に”

自分がどういう者であるか理解したい人は、次のような問いを自分に向け、真摯に答えてみればいい。

これまで自分が真実に愛したものは何であったか?自分の魂を高みに上げたものが何であったか?何が自分の心を満たし喜ばせたか?これまでにどういうものに自分は夢中になったか?

これらの問いに答えたとき、自分の本質が明らかになるだろう。それがあなた自身だ。

出典元:超訳 ニーチェの言葉

私の場合、質問の答えは、全て同じでした。

 

思うこと

これまで自分が真実に愛したものは何であったか?自分の魂を高みに上げたものが何であったか?何が自分の心を満たし喜ばせたか?これまでにどういうものに自分は夢中になったか?

出典元:超訳 ニーチェの言葉

みなさんの答えは、いかがでしたか?

これらの問いに、全て答えている内に、

これから自分自身が向かっていきたい道が、見えてきそうですね。

 

さいごに

「木漏れ日の緑」の写真

ニーチェの言葉、

  • “始めの一歩は自分への尊敬から”
  • “人の評判など気にするな”
  • “自分自身を見つけたい人に”

を、紹介しました。

 

何も成し遂げていなくても、自分自身を尊敬し、

自分がかつて心を動かされたものは何だったのか、思い出してみましょう。

そうしたら、

周りの雑音が徐々に消えて、本当の自分の輪郭が、少しずつ、見えてくるのかもしれませんね。

 

 

あわせて読みたい 弐

幼い子供は死を恐れない?