山田さんの tea time(ティータイム)

高齢出産。子育て。雑記ブログです。しばらくは月曜日更新です♪

【生い立ち④】アルバイト掛け持ちの短大生時代。学校は二の次三の次

【生い立ち④】アルバイト掛け持ちの短大生時代。学校は二の次三の次

f:id:kirakirapark:20200603045247j:plain

こんにちは。お茶をするのが大好きな山田さんです!

▷山田さんのプロフィール

 

今回の記事は前回の記事の続きです。

【前回の記事】

【生い立ち③】やる気がない高校生時代。楽することが楽しいことだと思っていた

▷やる気がない高校生時代 - 山田さんの tea time(ティータイム)

 

短大時代の私の特徴
  • 学校の授業は中身よりも単位!
  • アルバイト三昧!
  
アルバイトの内容
  • ホテルのハウスキーパー
  • サーキットのコンパニオン
  • 小児科の看護助手
  • ドーナツ屋さんの販売
  • 居酒屋のホールスタッフ

 

全然勉強していないし!短大時代の自分に喝を入れたい気分です!

 

授業料は親が払ってくれていましたが、

スケジュールを埋めるのが楽しくて、

掛け持ちしてアルバイト三昧の日々を送っていました。

給料日を意識していなかったし、

あまり遊ぶこともなかったので、

お金が溜まっていく一方でした。

 

だけどお金をためては海外に行き、

散財していたので、

最終的には貯金はあまり残らない状態でした。

 

高校生の時代から、

あまり勉強に熱心ではなかったので、

単位は必要最低限しかとらず、

また、

卒業に必要な単位さえもらえればよかったので、

それ以上の単位は摂りませんでしたし、

科目の選び方も、

卒業に必要であることが優先だったので、

今思い出しても、

短大で一体何の勉強をしていたのか定かではないほど

中身が伴っていない学校生活でした。

 

今思えば、

非常にもったいない話で、

短大時代はアルバイトをする時代じゃなくて、

もっと能動的に勉強しておけば良かったと思います。

 

図書館が充実していたし、

用が無くても学校で過ごしていたって楽しかったことでしょう。

 

まあ私の人生はいつだって後の祭りです。

 

今ならわかる、

しっかり勉強しておいた方がいいよ!学生生活!

について語ります。

 

 

事情が許すなら、学生時代にしかできない過ごし方を

やはり学生時代にやるべきは、

勉強でしょう!

 

何を今更とお思いかもしれませんが、

私はできていませんでした!

 

私の場合、

親が授業料を払ってくれていたのだから、

しっかりと勉強に集中して過ごしても問題がなかったはずです。

 

ですが、

高校生時代から将来のことや自分のやりたいことなどまともに考えてこなかったその日暮らしな私だったので、

 

短大に入ってからも、

どのような勉強がしたいかというビジョンもなく、

どのような職業に就きたいかというビジョンもなかったので、

ただ就職までのつなぎで、

自由な時間を満喫しているだけでした。

 

自分の好奇心を満たすために、もっと学校を活用すべきでした!

 

私を満たすのはアルバイトではなく!

今しかできない、

学校で学ぶことでした。 

 

やりたい仕事を就職活動の直前に考えていた

ビジョンのない私は、

就活に関しても、

 

時期が来たら就職のことは考えよ!

 

くらいで、

まったく自分の人生に対して消極的で、

自分を生かせる場所を求めるような貪欲さには欠けていました。

 

いくつも面接を受けて、

秋ごろに不動産関係の仕事に内定が決まりました。

 

子供の頃から新聞広告に入っている住宅の間取りを眺めるのが大好きだったので、

まったく興味がないところに就職するわけではありませんでした。

 

だけど、

早くから目標を定め、

それに向けて進路を進めてきた人に比べれば、

心構えからして、

すでに大きな差をつけられていた気がします。

 

今子供の頃からやり直せるならば、

行き当たりばったりに仕事は決めず、

早くからビジョンを持ち、

それに向かって進んでいたことでしょう。

 

これもチャンスを失ってから気がついたことです!

 

 

どのような職業でも、

早くから明確な目標意識を持ち、

積み上げていけば為せば成る!の人生を歩んでほしいです。

 

 

人生の土台作りに集中できる最後のチャンス!生かし切ろう

働くことなら社会に出てからいくらでもできるので、

事情が許す限り、

遊ぶよりも、

アルバイトするよりも、

学校を生かすことをお勧めします。

 

短大時代をやり直すなら
  1. 学校大活用
  2. 遊び
  3. アルバイト

 ですね!

 

学校に入り浸って、

ありとあらゆる設備を私の為に使いつくしたいです。

 

遊びもしますが、

学校遊びの二の次です。

 

アルバイトはしますが、

目指している仕事のジャンルと真逆の仕事をするか、

同じジャンルで学ぶか、

そして、

自分がたまに遊ぶお小遣い程度にしか働かないつもりです。

 

アルバイトの記憶よりも、

学校の記憶をたくさん蓄えましょう。

 

働きたいなら、

卒業してから存分に働きましょう。

 

もしくは目指す職業の為の資格取得に精を出すことで、

(仮)職業訓練でもしておきましょう。

 

以上、

振り返れば私がやりたかったことでした。

 

学生時代を満喫していください!

 

山田さんの生い立ち、社会人時代に続きます。 

【次回の記事】

【生い立ち⑤】社会人時代 作成中

 

プロフィールの関連記事です。 

 

▽ブログ村に参加しています。ポチっとお願いします(・ω・)ノ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

おためしセット(送料無料)