山田さんの tea time(ティータイム)

35歳で結婚。 36歳、39歳、42歳で3人の子供を出産しました。 現在夫と2人の子供と共に暮らしている主婦です。 生活や子育て、妊娠出産、おでかけ、美容について、 実際に生活に取り入れて良かったことを書いていきます。

離婚を考えたら準備をしておくこと

離婚を考えたら準備をしておくこと

f:id:kirakirapark:20200520112948j:plain

離婚をしたら生活が一変します。

 

住む所、

お金、

仕事、

子供の学校。

 

考えることがたくさんで、

不安も沢山です。

 

離婚しなくて済むのならばそれが一番ですが、

いざ離婚話が進んだ時に、

右往左往して投げやりな判断をしてしまわないように、

 

少しでもお金の準備と心の準備を整えておきましょう。 

 

▽私が離婚準備を始めようと思ったきっかけです。

www.akippe.com

 

▽離婚の危機に瀕したことで思ったこと。

www.akippe.com

 

 あなたはどのタイプ?ライフスタイルに合わせて宅配コースを決めよう

 

離婚するのにベストなタイミング

f:id:kirakirapark:20200518064345p:plain

離婚のタイミング

  • できるだけ若いうちに離婚
  • 勢いで離婚
  • 準備が整い次第離婚
  • 子供が自立したら離婚

 

ベストなタイミングは、

離婚の理由、

環境や仕事、

子供がいるかどうか、

子供の年齢など、

様々な条件の違いにより人それぞれだと思います。

 

私は現在43歳、

夫は38歳。

 

子供は、

7歳の男の子と、

1歳の男の子がいます。

 

離婚をしたら子供と暮らしていきたいと思っています。

 

私の実家は他県にあります。

 

それらの条件を鑑みて、

離婚をするならば、

準備が整い次第離婚か、

子供が自立したら離婚が良いなと思っています。

 

一度離婚直前まで進んだ時に、

小学校1年生の7歳の長男に転校の相談をしたことがあります。

 

転校について 

f:id:kirakirapark:20200520102406p:plain

「一度入学したら、途中で変わりたくない」

「さみしいし、お友達も心配する」

「入学する前なら違う学校でも良かったよ」

 

f:id:kirakirapark:20200520102815p:plain

「でもママが大好きだから、ママと一緒にいるためなら転校してもいいよ」

 

緊急の理由で離婚する以外は、

タイミングは慎重に検討していきたいと思いました。

 

できるだけ若いうちに離婚

良い点

  • 人生の再出発に有利

悪い点

  • 離婚を早まる可能性

 

勢いで離婚

良い点

  • その場は気が済む

悪い点

  • 準備不足で後悔が大きい可能性大

 

 準備が整い次第離婚

良い点

  • 金銭的にも気持ちの面でも安定しやすい
  • 準備をしているうちに離婚を思いとどまる可能性

悪い点

  • 忍耐が必要

 

子供が自立したら離婚

良い点

  • 気が楽
  • 計画的な貯蓄ができる可能性

悪い点

  • 離婚までの道のりが長い
  • 残りの人生、一人がさみしくなる可能性大

 

離婚後に住むところ

f:id:kirakirapark:20200520134426p:plain

離婚してからの引っ越し先

  • 今のまま
  • 賃貸アパート
  • 自分の実家

 

離婚後も今と同じ所に住む場合

良い点

  • 環境が変わらずに済む

悪い点

  • 気持ちが切り換えにくい

 

アパートを借りて引っ越しする場合

良い点

  • 心機一転できる

悪い点

  • アパートを借りる際にお金がかかる
  • 引っ越し代がかかる
  • 子供の転校を伴う可能性

 

自分の実家に引っ越しする場合

良い点

  • 住み慣れた場所
  • 親のサポートが受けやすい
  • 金銭的な負担が少ない

悪い点

  • 気を遣う
  • 引っ越し代がかかる

 

離婚の際すぐに必要なお金

f:id:kirakirapark:20200520141112p:plain

新生活をスタートするためのお金

  • アパートを契約する時の決済金
  • 引っ越し費用
  • 新居の家電やその他必要な物

 

アパート契約の際のお金   ・・・  60万円

引っ越し費用        ・・・  20万円

新居の家電やその他必要な物 ・・・  50万円

予備予算(残ったら貯金)  ・・・  20万円

合計            ・・・ 150万円 

 

アパートを契約する時の決済金の費用

アパートを契約する時には、

数か月分家賃の前払いや、

敷金礼金、

手数料の支払いがあります。

 

金額は物件によりけりですが、

アパートを契約するだけで数十万円のお金が必要です。

 

一例

家賃がひと月10万円の物件を契約した場合

前払い家賃2ヶ月分 20万円

敷金2ヶ月分    20万円

礼金1ヶ月分    10万円

契約手数料     10万円

合計        70万円

 

例えばの話でざっくりとした計算ですが、

アパートの契約だけで70万円ものお金が必要となります。

 

手数料オーナーさん負担とか、

敷金礼金なしとか、

様々な条件の違いがありますので、

一概には言えませんが、

多めに用意しておいた方がいいと思います。

 

私は賃貸で新居を探す場合は、

高くても7・8万円までの物件を探そうと思うので、

60万円は用意しとおこうと思います。

 

引っ越し費用

荷物が少ないなら、

業者を使わず自分たちでやってしまったほうが安上がりです。

 

荷物の量が多い場合は、

引っ越し業者にお願いした方が、

引っ越しに要する時間が短く済むし、

お金はかかるけど楽です。

 

引っ越しの時期や荷物の量、

移動の距離などが影響するようですが、

引っ越し代は数万円から数十万円かかります。

 

私は20万円用意しておこうと思います。

 

新居の家電やその他必要な物の予算

家を出ていく側が新しい家電等用意しなくてはなりません。

個人の持ち物ならばそのまま新居に持っていけばいいのですが、

冷蔵庫や洗濯機、

炊飯器や掃除機などの家電は、

分けるわけにはいかず、

新たに購入する必要があります。

 

新居にはカーテンも必要です。

 

私は新居の準備費用として50万用意したいと思います。

 

離婚後のお金について

f:id:kirakirapark:20200520142211p:plain

生活していくためのお金

  • 貯金
  • 収入源

 

貯金はどのくらい必要か

貯金はあればあるほど良いので、

 

離婚の際にできるだけたくさんのお金を受け取れるように、

計画的にしっかりと貯金をしていく必要があります。

 

収入源をどうするのか

暮らしていくにはお金が必要です。

働かなくてはいけませんが、

都合よく仕事がみつかるか不安ではあります。

 

今の私にできる仕事は何か

結婚して以降長いこと外で仕事をしていません。

宅建士の資格と実務経験がありますが、

ブランクが長すぎてどこまで通用するのかわかりません。

 

より安定した生活のために、

他にも何か取れる資格があったら取っておくと安心かもしれません。

 

在宅でできる仕事はあるのか

子供が幼い間は在宅勤務が希望ですが、

今の時点で本業として耐えうるものが何も思い浮かびません。

 

準備期間中にいろいろ模索してみようと思います。

 

さいごに

離婚のタイミング、

離婚の際にすぐにいるお金、

離婚後のお金のことについて、

 

想像力を働かせながらシミュレーションしてみました。

 

離婚してからのことをより具体的に想像することで、

勢いで離婚をする抑止力が働く気がします。

 

綿密に足場を固めつつ離婚の準備を進めながら、

夫婦間の関係を修復するべく働きかけるのも良いかもしれませんね。

 

また違った未来が見えてくるかもしれません。

 

▽ポチっとお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

▽結婚生活を続けるのなら、できるだけ楽しい方がいいです。

www.akippe.com

www.akippe.com