山田さんの tea time(ティータイム)

35歳で結婚。 36歳、39歳、42歳で3人の子供を出産しました。 現在夫と2人の子供と共に暮らしている主婦です。 生活や子育て、妊娠出産、おでかけ、美容について、 実際に生活に取り入れて良かったことを書いていきます。

新学期前の準備でやっておきたいこと10選

新学期前の準備でやっておきたいこと10選

f:id:kirakirapark:20200401085258j:plain

のんびりゆっくりと長い休日を楽しんだら、

 

心機一転、

 

気を引き締めて新学期に臨みたいですよね。

 

新学期を気持ちよく迎えるために、

準備しておきたいこと10選を紹介します!

 

【こどもちゃれんじ】     【進研ゼミ小学講座】

【進研ゼミ中学講座】  【進研ゼミ高校講座】

学校の準備

新学期が始まる直前にバタバタしなくて済むように、

余裕をもって準備は済ませておきたいです。

 

宿題

沢山の宿題が山積みのまま長期休暇を過ごしていると、

せっかく楽しく遊んでいるのに頭の片隅には宿題の影・・・、

ということになりかねないです。

 

宿題は長期休暇前半に無理のないペース配分であらかた済ませておきましょう。

早めに済ませられるものは済ませておいて、

後半の休みを、

宿題のプレッシャーから解放された状態で伸び伸びと過ごしましょう。

 

持ち物

長期休暇の前に持ち帰った子供の学校の備品等に、

不足や破損がないかチェックします。

 

名前が消えてしまったものや、

消えかけているものは書き直して、

 

修理が必要なものは修理し、

 

足りないものは購入しておきます。

 

各教科の予習

各教科の教科書に目を通して予習します。

そうすると、

余裕をもって新学期に臨むことができると思います。

 

教科書を読み込んだり、

 

読み込むまではできなくても、

 

子供と一緒に、

新学期にどのような勉強をするのか、

教科書をパラパラとめくり、

会話をするだけでも良いかと思います。

 

身の回りの準備

新学期を心機一転気持ち良く迎えられるように、

家の中の、

子供の身の回りを片付けます。

 

作品の片付け

子供が学校から持ち帰った作品や、

家で作った作品を、

子供と一緒に見直しながら、

お別れしても良いものを決めてもらいます。

 

作品の類はどんどん増えていくものなので、

定期的に減らす作業をしていくと楽です。

 

子供に無理に処分させず、

了解を得られたものだけを処分するようにしましょう。

 

思い出の品の入れ替え

子供の思い出の品は、

 

過去の学年の連絡帳や、

出席表。

誕生日会にもらったお祝いのカード、

名札、

手形足形など、

多岐に及びます。

 

幼い頃の思い出を大人になってから見返すと温かい気持ちになれて良いものです。

 

すべての思い出の品を保管しておくことはできませんが、

思い出の品を保管する場所を決めて、

そこに収まる分だけをとっておくと決めたらいかがでしょうか。

 

私は今も、

小学校1年生の時の冬休みの友(冬休みの宿題ドリル)が保管してあります。

当時のつたない字が、

幼い頃の自分を思い出させてくれますよ。

 

写真の整理

学期ごとに、 

携帯の中にある画像のデータや、

カメラの画像のデータを整理しておくと、

 

後のアルバムの作成が楽になります。

 

削除する画像の候補として、

  • 自分の子供が一見してどこにいるのかわからない。
  • 頭などが見切れている。
  • ぶれている。
  • 撮影者の指や通行人の頭などがめだっている。
  • 画面が暗い。
  • 友達にあげた画像や、無料画像で、すでに不要になったもの。
  • 嫌なことを思いだす画像。

などがあります。

 

これらを削除しておくだけでも、

ずいぶんデータが厳選されて、

ほしい画像を探すときにも楽になります。 

 

おもちゃの整理

子供のおもちゃを片付けながら、

  • 壊れている。
  • 年齢的に遊ばなくなった。
  • 部品が足りない。

などのおもちゃを、

修繕したり、

処分したり、

人にゆずったりして、

整理しておきます。

 

子供部屋の片付け

子供と相談しながらおもちゃの整理をしたら、

次は子供の成長に合わせたおもちゃの配置転換です。

 

関心の強いおもちゃほど手に取りやすい場所に移動させます。

 

子供の部屋の窓は光がしっかりと差し込み、

部屋が呼吸できるように、

窓の手前はすっきりとさせましょう。

 

子供部屋の模様替えは、

気持ちの切り替えにも役立ちますよ。

 

洋服の整理

子供の服を季節に合ったものに入れ替えたり、

今一番着る服を手に取りやすい場所に移動したりします。

 

一着一着服を畳みなおしながら、

時間の経過で服に浮いてきた汚れや、

サイズなどもチェックをしましょう。

 

定期的に服の整理をすることで、

しまい込まれた服の存在に気が付くこともありますよ。

 

足りないアイテムがあったら買い足して、

 

サイズアウトした服は、

年下の兄弟のために保管したり、

人にゆずったり、

処分したりして、

収納をスッキリとさせましょう。

 

▽子供のサイズアウトした服の保管について書いています。

 

ブログ作成中・・・

 

しっかりと遊ぶ

勉強を頑張るためにも、

時間にけじめをつけるためにも、

存分に遊べる時間が必要だと思います。

 

学校の準備をしつつ、

身の回りの準備を整えつつも、

 

長期休暇に楽しい思い出をしっかりと蓄えて、

明日へのエネルギーにしてもらいたいです。

 

遊ぶ時にはめいいっぱい遊ぶことに集中できる環境を作ってあげたいですね。

 

さいごに

新学期を迎えるごとに、

整理したり、

片づけをしたりする習慣をつければ、

身の回りを綺麗な状態に保ちやすくなりますし、

 

新学期を迎えるための気持ち固めにもなります。

 

学校の準備もしっかりと整えて、

 

心機一転、

気持ち良く新学期を迎えて、

充実した学校生活を過ごしてもらいましょう。

 

★キャラクターケーキはプリロール★

www.akippe.com