山田さんのtea time

メールよりもラインよりも、手紙が好き。手紙が持つ特別な効果とは
幼い子供は死を恐れない?
桜文鳥の桜ちゃん逃げる!捕獲に成功したその方法とは
大地震が起きたらそのときどうする?命を守るための方法【前編】

スピリチュアル部屋探し。快適な住空間を手に入れるためのヒント

スポンサーリンク

スピリチュアル部屋探し。快適な住空間を手に入れるためのヒント

ウィンドウ, ドア, 壁, 部屋, 入口, ハウス, アパート, インテリア, 建設, ビュー

賃貸で部屋探しをしたことはありますか?

私はありますよ。

20代前半から30代前半にかけて、5つの物件で暮らしました。

3つは一人暮らし。

2つはルームシェアです。

だけど、

スピリチュアル部屋探し、こういう目線を持つようになったのは、人の住みたい部屋を探す、賃貸不動産の営業の経験から来ています。

もうかれこれ20年ほど前の話になりますが・・・(。-`ω-)。

 

《賃貸不動産で営業をしていた頃の話》 

自分の配属された先が新店舗で、来店客数のわりに営業マンが少なかったので、

私は事務員でしたが、営業マンの手が足りない時は、営業をしていました。

その接客の数たるや、ほぼ営業じゃないか?というくらいの量(笑)。上司から言われて、営業会議にも出ていました。

事務員でしたが、契約に結び付けることも多く、お客さまと物件の契約をしたら、営業マンに引き継ぐ。ということを、たびたびしていました。

 

「営業が向いていると思うよ。結構いけると思うよ。営業になれば?」

と上役からよく勧誘をされましたが、私は事務員として、店舗の管理をあれこれしているのが楽しかったので、何度でも断っていました。

 

《「家が好き!」賃貸不動産で就職した理由》 

物件の間取りを見るのが、子供の頃から大好きでした。

家の間取りを見てはあれこれ妄想し、遊ぶ趣味から、就職にまで至りました。

今でも家が大好きで、間取りを見るのが好きだし、家相や風水に関する本や、データを色々集めて、自分の感覚とすり合わせながら、快適住空間について考えたり、実行したりするのが楽しいです。

 

さて、スピリチュアル部屋探しとは、どのようなものか?

よく聞く物件探しの条件
  • 住む家は、駅の近くがいいわー。
  • 会社への通勤が便利なことが一番。
  • 家賃だよ。安さ一番。
  • スーパーが近いといいな。
  • 学区で選ぶよ。
  • 病院に通うから、病院の近くがいい。
  • 新築がいい。

「一つの条件さえ叶えば、あとは何でもいいよ。」

という方は、まずいなくて、

ほとんどの方が、あれこれ複数の希望条件を持って、部屋探しにやってきます。

 

でも、今の私が振り返って思うのは、物件探しで一番大切にしてもらいたいポイントは、住み心地。

これが一番重要なのかなと、思っています。

長く暮らせる物件を探した方が時間もお金も心も節約できます。

 

住み心地なんてどのようにして見分けるのか?

現実的な条件以外で、相性の良い物件を見つけるために、気をつけてもらいたいポイントを書きました。

スピリチュアル部屋探し
  • 入退去の出入りがあまり激しくない物件がおすすめ。
  • 光や風が隅々まで届きやすい間取りがおすすめ。
  • 物件を初めて見学した時の直感を大切に。
  • 心身のコンディションがいい時に部屋探し。

 

入退去の出入りがあまり激しくない物件がおすすめ

アパート メンツ, ドア, 色, 東京, 日本, 家, インテリア, 建物

新居を探す時の理由
  • 入学。
  • 就職。
  • 転勤。
  • 結婚。
  • 家族が増えて大きな間取りに住み替え。
  • 気分転換。

など、引っ越す時の理由は様々ですが・・・。

今住んでいるところが快適で、とても気に入っていたら、余程の理由が無い限り、引っ越を考えない人の方が多いのではないのでしょうか。

  • めったに空いてこない物件。
  • 出てきたらすぐに決まっちゃうような人気の物件。
  • 最近出てきたばかりの物件。

このような物件に出会ったら、少しくらい条件とはずれていても、見学くらい、してみてもいいかもしれません。

現在の入居者がまだ暮らしている段階だと、建物の外観と、内部の写真(あれば)で判断をすることになります。 

 

光や風が隅々まで届きやすい間取りがおすすめ

「スムージーと緑黄色野菜」の写真

窓の位置や、部屋の配置を見て、光や風の通り道を想像してみてください。

賃貸不動産で働いてきた時に、私が個人的にとても気に入っていたファミリー向けの3LDKの物件がありました。

場所はちょっと不便なところにあるのに、めったに空いてこない物件で、出るとすぐに決まってしまうような物件でした。

その物件の間取りが好きだったので、約20年間ずっと記憶に残っていました。

数年前に、わが家を建てた時には、その大好きな間取りの記憶を参考に、自分の家の間取りを考えました。

 

南側を中心に、深く広く光が入り、すごく明るくて、

家中の窓を開けると、家全体に、陽だまりの公園のような、のびやかで陽気な空気が漂います。

間取りが全てではありませんが、光と風の通り道を意識してみると、住み心地が見えてくるかもしれません。

 

物件を初めて見学した時の直感を大切に

戸口, ドア, 家族, 空, 屋内で, 終了, 壁, 入り口

物件を案内してもらった時に、始めて見た時の直感が大切です。

Goの場合
  • わあ、明るい。
  • わあ、綺麗。
  • わあ、気持ちいい。
ちょっと考えて!の場合
  • え、暗い。
  • え、なんか入りずらい。
  • え、空気悪い。

最初が肝心です。時間が経つと、感覚がその場に順応してくるのか、あやふやになってきます。

 

直感が頼りなの?!物件見学にまつわるエピソード3つ。

  • 希望の条件と直感の天秤。
  • 玄関を見ただけで、やめた部屋。
  • 謎のシミが消えない部屋。

 

希望の条件と直感の天秤

私の同期の同僚が、ある物件に、お客さまを案内した時の話です。

案内する部屋は、マンションの上層階の部屋だったので、お客さまと一緒にエレベーターに乗り込みました。

同僚は、エレベーターに乗った瞬間に、背筋にぞくぞくっと、寒気が走ったそうです。

見学が終わるまで嫌な感覚がおさまらなくて、気が気でなかったとのこと。

ところが、

お客さまは部屋を気に入ったらしくて、契約をされました。

寒気の正体は一体何だったのでしょうか?

物件の見学では、雰囲気にも要注目ですね。

 

玄関を見ただけで、やめた部屋

もう不動産屋では働いていない時の話です。私は、友達とルームシェアをするための部屋を探していました。

3つくらいに物件を絞って物件の見学に行ったのですが、

そのうちの1つは、部屋の中に入ることなく、玄関の手前で候補から外れました。

 

「どうぞ!」

営業マンの方が部屋の扉を開けてくれたのですが、天気の良い日中だったにも関わらず、玄関の外から見える部屋の内部が、あまりに薄暗く見えて、ひるみました。

それにひんやりとして、冷たそう・・・。

 

営業マンの方に鍵の準備もしてもらったし、

『せっかく見学に来たのだから。』という思いがあり、部屋に入ろうとしたのですが、

どうしても、心のブレーキが拭えませんでした。

 

「ここはいいです。」と、玄関に入ることなく、判断をしてしまいました。

 

「ごめん。やめちゃって。」

後程、友達に言ったら、

「いいよ。私も同じ。ちょっと入りづらい雰囲気だったよね。何だったんだろうあれ。」

友達も似たようなことを感じていたようで、ほっとしました。

 

謎のシミが消えない部屋

私が賃貸不動産で勤めている時に、物件の管理をしている管理課の人から聞いた話です。

ある悲惨な事件があった部屋で、清掃をして、一度は部屋が綺麗になるのに、時間が経つと再び浮かんでくる謎のシミがあるそうで・・・、

大家さんが頭を悩ませているとのことでした。

 

同僚で、「全然気にしない!それで家賃が下がるなら最高!住みたい!」と言っている人がいました。

私はそういうのは苦手だから、お金を積まれても住むのは遠慮したい派です。

みなさんはいかがでしょうか?

そういった部屋は、告知義務がありますが、いつまでそれが持続されるのかは、あやふやな面があります。

それこそ直感が頼りになるのかもしれませんね。

居心地が良い物件に出会えますように。

 

部屋探しは自分のコンディションを整えるところから

手, 蝶, 雲, 飛行, 自由, 信仰, 瞑想, 太陽, 容易さ, ウェルネス

物件探しは、ご縁!出会い!

その時の、自分のバイオリズムの良し悪しが、部屋探しに影響します。

 

いい時はいい物に惹かれやすいし、低迷している時は、それも然り。

 

自分の感覚を大事にしたい!

そのような方は、ぜひ、

心と体のコンディションがいい時、もしくは、整えてから、部屋探しをしてみてください。

 

さいごに

アパート, ルーム, 家, 住宅インテリア, インテリアデザイン, 装飾, 快適なアパート, 花

家賃や駅や家の広さなど、部屋探しの時にはいろいろ気になる点が満載!

これらの条件はもちろん大切ですが、

大切な条件以外にも、ちょっと気にしてほしい、部屋探しのポイントを紹介しました。

快適な住空間を手に入れるためのヒント
  • 入退去があまり激しくない物件はチェック。
  • 光と風が通りやすい間取りはおすすめ。
  • 最初に建物を見た時の印象がいい物件はおすすめ。
  • 最初に玄関の扉を開けた時に見た、内部の印象がいい物件はおすすめ。
  • できたら自分のコンディションがいい時に部屋探し。

ちょっと違った視点から、物件を見てみると、また違った部屋探しができるかもしれません。

以上、スピリチュアルな面から見た、部屋探しのコツでした♪

 

あわせて読みたい 弐

ソファを掃除したら、キラキラに