山田さんの tea time

35歳で結婚。 36歳、39歳、42歳で3人の子供を出産しました。 現在夫と2人の子供と共に暮らしている主婦です。 生活や子育て、妊娠出産、おでかけ、美容について、 実際に生活に取り入れて良かったことを書いていきます。

A team group キッズ オーディション体験記

A Team Group キッズ オーディション体験記

f:id:kirakirapark:20200220055417p:plain

オーディションを受けたのは、

我が家の長男6歳です。

 

長男にとってオーディションは初めての経験でした。

 

結果は最終審査まで、

合格でした。

 

書類審査応募から、

2次審査の模様、

最終審査までの体験記を書いていきます。

「音楽プロデューサー」が設立【アバロンミュージックスクール】無料レッスン申込募集

書類審査

Aチームグループオーディションに応募したきっかけは、

インターネット広告でした。

 

当時、

0歳の次男がテアトルアカデミーのオーディションの書類審査に合格したところで、

『では長男も、オーディションに応募してみよう』

と思ったのがきっかけでした。

 

応募方法はとても簡単でした。

オーディションの広告を見て、

そのままネットから書類審査に応募できました。

 

長男のバストアップ写真を添付し、

身長体重、

趣味や特技などを記入したと思います。

 

写真は、

数週間前に家族写真をスタジオで撮っていたので、

その中から長男の笑顔が良い写真を切り取って使用しました。

 

書類審査合格通知

数週間か1ヶ月でしょうか、

期間は忘れてしまいましたが、

メールで書類審査合格の通知をいただきました。

 

メールには、

オーディションの二日間の日程が書いてあり、

『オーディション時間をお決め致しますので明日までに必ずご連絡ください』

と、ありました。

 

明くる日電話をしようと思っていたところ、

 

先方からかかってきたので、

そのまま日時の打ち合わせをさせていただきました、

 

2次審査

審査会場にはだいぶ早く到着したのですが、

会場時間は5分前からとのことでした。

 

ので、

周辺を散策しながら時間が来るのを待ちました。

 

こまめに時間を気にしながら、

5分前に会場入りし、

受付を済ませました。

 

長男は受付で子役用の台本を渡されました。

台本は覚えられなくても、

見ながら読んでくれれば大丈夫と言っていただけました。

 

受付順に椅子に腰をかけていきます。

 

この時点で、

審査を受ける人と連れの人は別々になります。

 

連れの人は別の場所にある、

椅子に座って待ちます。

 

いよいよオーディションが開始です。

 

1人ずつ名前を呼ばれ、

数人のグループごとに建て付けの向こう側に入っていきました。

 

受付順と、

オーディションの順番は関係ありませんでした。

 

いよいよ長男の順番がきました。

 

名前を呼ばれ、

長男は小さく返事をし、

建て付けの向こう側に進んでいきました。

 

オーディションの様子は声だけ聞こえてきます。

 

長男は自分の番がくると、

台本を辿々しく読み上げました。

 

そして、

審査員の方々との質疑応答です。

 

好きなテレビ番組と、

今頑張っている事、

将来やりたい仕事、

などを聞かれていました。

 

好きなテレビ番組を聞かれた時に、

『全部好き』

と答えていたら、

『一番好きな番組を教えて』

と言われていました。

 

質疑応答が終わった長男は、

受付に戻ってきて、

スタッフの方に写真を撮ってもらい、

そのまま帰る流れでした。

 

2次審査合格通知

2次審査の合格通知は、

電話連絡でした。

 

2次審査からの帰りの道中に、

電話がかかってきました。

 

『◯◯君の名前があがりました。』

とのことでした。

 

そして、

翌日再び同じ場所へ最終審査に向かうことになりました。

 

最終審査

2次のグループ審査とは違い、

最終審査は個人審査でした。

 

そして、

最終審査は保護者同伴でした。

 

チーフディレクターさんから、

本人の意思確認と、

これからの説明がありました。

 

さいごに

最終審査の時に、

 

事務所と契約をし、

仕事のオーディションを受けながら、

1年間はエーチームアカデミーに通いましょう。

エーチームアカデミーでは、

入学金と、

月謝が必要です。

 

というお話をいただきました。

 

わが家は家族会議の結果、

契約を辞退をすることにしました。

 

長男は、

『オーディションは、もういいよ』

と笑っていましたが、

 

オーディションがきっかけで、

都心に出かけて、

車でドライブしたり、

電車に乗ったり、

 

家族で楽しむことができて、

良い思い出となりました。

www.akippe.com