山田さんのtea time

メールよりもラインよりも、手紙が好き。手紙が持つ特別な効果とは
幼い子供は死を恐れない?
桜文鳥の桜ちゃん逃げる!捕獲に成功したその方法とは
大地震が起きたらそのときどうする?命を守るための方法【前編】

《写真の整理》たまりにたまった画像データを整理しよう

スポンサーリンク

《写真の整理》たまりにたまった画像データを整理しよう

画像, 写真, 写真集, フォト アルバム, モザイク, コラージュ, 録音, 多様性, 多くの, カラフル

いつか現像しよう。

いつかアルバムを作ろう。

そう思いながら放置して、データが大量になりすぎて、

もう手をつけつけたくない。

そのようなことにはなっておりませんか?

 

私はなったことがありますよ。

なんかもう、画像データに手を付けるのが怖い。・・・多すぎて。

でもそこを押して、削除する時はするのです(。-`ω-)!

 

画像データの整理も、物と一緒で、たくさんありすぎると本当に必要な物が分からなくなってくるし、

必要な時に必要な物をすぐに取り出せなくなってしまいます。

 

写真を撮るだけ撮って放置せず、定期的に整理するのがおすすめですよ。

私は毎日100枚画像を消す!チャレンジ実行中です♪

もうこれ以上消せないわ~。

となったら、とりあえず終わりにします♪

1回で削除する量を、予め決めておくと、気楽に始められますよ。

 

画像データの整理のコツについて書きました。

 

画像データを整理するメリット

面倒なのに、わざわざ削除するのには、訳があります!

  • データの容量が軽くなる
  • 見たい写真を探すのが楽になる
  • アルバムを作る時に楽になる
  • 思い出がよみがえる。

せっかくの画像データを生かすためにも、整理は必要なのですよ。

 

データの容量が軽くなる

画像のデータでも、ちりも積もれば山となります。

いざ携帯で写真を撮りたい時に、データがいっぱいでカメラが起動せず、写真を撮らせてもらえない!

そのようなことが何度かありました・・・。

絶対に避けたいです。

 

見たい写真を探すのが楽になる
  • 思い出を振り返りたい時。
  • SNSにのせる写真を探したい時。
  • 人にデータを送りたい時。

日頃から画像を厳選しておくと、欲しい画像が手に入りやすいです。

データが多すぎて、探すことに途中でうんざりする。

・・・なんてことも、減りますよ。

 

アルバムを作る時に楽になる

私が写真を撮る理由の大部分は、思い出の記録です。

アルバム作りの時は、画像データをひっくり返すのですが、

その時に、

厳選写真だけが残っていれば、アルバム作りが圧倒的に楽になります!

「あれ?なんでこの写真をアルバムにのせたんだろう?」

といった失敗も減りますよ♪

 

思い出がよみがえる

子供の少し幼い頃の写真を見たり、旅の思い出の写真を見たりしているうちに、顔が緩んでくることもあります。

「可愛いなあ。」

「そうそう、これ美味しかったんだよ。」

「きれいな景色だなあ。」

あまり思い出に浸っていると、写真の整理の作業がゆっくりになっちゃいますが、心が温まります。

 

画像データを整理するデメリット

  • 時間がかかる。
  • 嫌なことを思い出す。

 

時間がかかる

写真を撮るだけ撮って、放置していた期間が長ければ長いほど、画像データを整理するのには時間がかかります。

 

嫌なことを思い出す 

写真の中には、見ると、連想ゲームのように、嫌な記憶がよみがえるものがあります。

いつまでもそのような写真を保管しておくのは嫌ですよね。

この機会に削除してしまいましょう。

 

削除するデータの選び方

不要な画像をどんどん削除するということは、同時に、大好きな画像を発掘する作業でもありますよ♪

張り切って削除していきましょう♪

 

とはいっても膨大な量にしり込み・・・(~_~;)。

削除は難易度の低い物から始めると、とっかかりやすいです。

難易度の低い順!

  1. 綺麗に撮れていない写真は削除。
  2. 同じような写真は削除。
  3. 嫌なことを思い出す写真は削除。

このような流れです♪

 

綺麗に撮れていない写真は削除

深く考えずに、サクサクと削除できる画像から、消去していきます。

  • ピンボケしている写真。
  • やたらと画面が暗い写真。
  • 顔が不自然に切れている写真。
  • 何を撮っているのかわからない写真。
  • 主人公がどこにうつっているのかわかりにくい写真 。

おまけで、

  • 他人のために撮った写真。

誰かの代わりに写真を撮って、プレゼントした写真とかはありませんか?

私はけっこうあります。

 

同じような写真を削除

1枚1枚の写真をじっくりと観察。

同じような写真をたくさん撮っている時ってありませんか?

愛着があるからこそ、たくさん撮影をしているのかもしれませんね。

 

どれも微妙に違っていて手放しにくいかもしれませんが、3枚なら3枚までと決めて、厳選します。

その方が厳選した写真が輝きを増しますよ。

 

始めは時間がかかるかもしれませんが、

写真を選ぶことに慣れてくると、ひらめきでパパっと好きな写真を選べるようになってきます。

 

嫌なことを思い出す写真は削除
  • 好きではない人が写り込んでいる写真
  • 見ていると嫌なことを思い出す写真
  • なんとなく嫌な感じがする写真

これらの写真はどんどん削除しましょう。

 

残せる思い出のデータには容量があるのですよ。

嫌な写真を残す余裕など、どこにもありません。

 

嫌な写真を削除しながら、

心の中の、嫌な思い出も削除していきます。

 

必要なことならば、きちんと心の中に蓄積されているはずだから、大丈夫。

苦しいことを何度も振り返るほど、人生は長くありません。

 

さいごに

アルバム, シート, ノート, 書き込み, 日記, 記録, 鉛筆, 図, イラスト, 描写, グラフィックス

画像データの選抜は、削除すればするほど、上手になります。

最初に見た時に削除できななった画像でも、

後から見直した時に、

「なんでこの写真をとっておいたのだろう?」

と不思議になるようなこともあります。

この辺りは、物の片付けと同じですね。

写真の整理をして、画像のデータと、心を、スッキリとさせましょう♪