まるでお化け屋敷。勝手にキャンセルになっていた旅館に再予約して泊まったらホラーな結果に

スポンサーリンク

まるでお化け屋敷。勝手にキャンセルになっていた旅館に再予約して泊まったらホラーな結果に

魔女の家, 魔女, 月光, 気味の悪い, ハロウィーン, おとぎ話, 神秘的です, 奇妙な, 雰囲気, 夜

ちょっと不気味な話です。

私が20代後半の頃、友達と二人で長野県のとある旅館に泊まりました。

当時の私は東京在住。

友達は静岡県在住。

それぞれバイクに乗り、中央高速道路のサービスエリアで待ち合わせをして、目的地に向かいました。

 

その時の宿泊先での話です。

 

泊まった旅館がかなり特徴のある旅館で、まるでお化け屋敷のようでした。

お化け屋敷と言っても、『出た』というわけではなくて、お化け屋敷のように、雰囲気が怖かったのです。

 

さて、どのような旅館だったのか、具体的な話は後程・・・。

 

この経験を通して私が学んだことは、

 

嫌な予感がしたり、思わぬ妨害にあったら、撤退した方が良い合図。

潔くやめましょう!

 

ということでした。

 

旅館は私が予約をしました。

どのような思わぬ妨害があったのか、まずはそのことからお話しします。

 

思わぬ妨害

「植物と携帯電話」の写真

旅行の数日前の事でした。

 

ふと気になり、旅館に予約状況の確認をしておくことにしました。

ところが、電話をかけると・・・、

予約したはずの宿泊予定がなぜかキャンセルになっていました。

 

私がネットから予約した旅館。

それほど前の予約でもなかったのに、なぜかキャンセルに・・・。

 

誰かのキャンセルと間違えて、私の予約がキャンセル扱いになってしまったのでしょうか?

そのあたりはわかりませんでした。

 

受付の方は、なんだかぼんやりとした話し方で、要領を得ず、

私は、

『キャンセルされているのだし、もうこの旅館に泊まるのは、やめようか。』

と思ったのですが・・・。

 

友達と行く旅行で、出発日が近かったので、

思い直して再予約をすることにしました。

 

幸い?部屋の空きはありました。

 

後程この行動を後悔することになるとは、この時点では、思いませんでした。

 

再予約後に、やらなきゃと思ったこと

旅館の再予約をしてから間もなく、アクセサリーの整理をしたくなりました。 

そこで、

最近使っているアクセサリーと、最近使っていないアクセサリーに分けました。

 

最近使っていないアクセサリーには、貴金属もあったし、パールのピアスなど、パワーストーンがついた物もありました。

それらの使っていないアクセサリーをまとめて、どうしようかと考えていた時に、

ふと、旅行に持っていこうと思いました。

 

持って行ったところで、どうするつもりだったのかはわかりません。

置いてくるわけにもいかないので。

 

でも、旅館で、

この判断が、功を奏したのかも?

ということはありました。

 

ちょっとやめてほしい・・・!ひいてしまうくらいの雰囲気が漂う旅館

薄暗い雲, 空, クラウド, 暗い, 薄暗い, シャドウ, 日陰になった

その日は私が高速道路で大渋滞に巻き込まれ、待ち合わせに大遅刻。

その足ですぐに旅館に向かいましたが、到着した時には、すでに夕方でした。

 

とても印象的な旅館で、第一印象は、

なぜこんなに薄暗いのだろう・・・。

といった感じでした。

 

まるで、オレンジ色の電球の灯りが、消えかかっているような暗さ。

 

フロントでチェックインをしながら、

明かりが消えかかっていますよー?!電球を変えたほうがいいんじゃないですかねー?!!

と言いたい衝動にかられました。

が、・・・言いませんでした。

 

旅館の内部を見渡すと、絵画が非常に多く、所狭しと並んでいます。

フロントを挟む壁には、向かい合うように横一列に絵画が並んでいました。

それらの絵画は、すべて人物画だったような気がします。

不気味に感じていたので、絵画をじろじろと見ることはできませんでした。

 

そして絵画の次に多かったのが、かつて生き物だった者たちの、はく製。

 

博物館以外で、こんなに多くのはく製を見たことが無い!というくらい、

その旅館には大量にありました。

 

私が見かけたのは、フロント周りと、食事をするところ。

それぞれの場所に、複数体並んでいました。

 

私と友達は部屋に案内をされ、ほっと一息つきました。

が、すぐに緊張が走りました。

 

それは・・・、

和室の床の間に、日本人形が飾ってあったからです。

 

私は友達と目を合わせ、

「すごいね・・・。」

「・・・うん。」

そのような会話をしました。

 

さて、気を取り直して、お風呂の時間。

私たちは大浴場に向かいました。

 

大浴場には、さすがに絵画もはく製も、人形もないだろうと思っていました。

が、ありました。

今度は、 

動物をかたどった石像!

 

あったー!ここにもーー―!!( ;∀;)

 

もういらないよ。

生きものをかたどった物。

 

そして、

夜がやってきました。

 

なんかもう寝るのが嫌だ(;´∀`)!こわいから!

 

別に見えないものを見たわけでもないのに、すっかり心が縮み上がっていた私は、

友達と相談をして、今夜は電気を消さない。朝まで起きていよう!

ということにしました。

 

私が玄関側、友達が部屋の奥側。

それぞれ布団に寝転んで、雑談を始めました・・・。

 

ドットライン1|水彩

 

気がつくと朝。

二人はいつの間にか爆睡をしていました。

特に何ということはありませんでした。

 

あー良かった。なんてことなく済んで良かったー。

と安堵をしたその時、

私はあるものが無くなっていることに、気がつきました!

 

明かりをつけたまま眠った翌朝、丸ごとなくなっていた物とは・・・?

インスペクター, 検索, 犯罪, セキュリティ, オフィス, 保護, 情報, 監視, ガード, プライバシー

消えていました。

 

何がって・・・?

寝る前に複数個まとめて置いてあったアクセサリー類です。

 

私は昨夜、家から持ってきたアクセサリーを袋から出し、

私の布団から見て、左上の部屋の角にまとめて置いておきました。

(そうしておきたくて。)

 

それらのアクセサリーが、すべてなくなっていました。

 

友達も、

「置いてたよね。」と言っていました。

 

アクセサリーが置いてあったのは、玄関側だったので、

 

え?どなたか持って行きましたか?(-"-)

 

と疑いましたが、誰かが部屋に入ってきた気配は一切感じていませんし、

 

どういうこと?(~_~;)

 

という感じでした。

 

その後友達と二人で探しましたが、私たちが宿泊した部屋からは無くなっていました。

 

私は手放そうと思っていたアクセサリーだったので、

 

まあ、いいかぁ(-_-)。

 

という結論に至りました。

 

みなさんは、何故アクセサリーが消えたのだと思われますか?

  1. 実はアクセサリーを持ってきていなかった。
  2. 同じ部屋に泊まった友達に、もらわれてしまった。
  3. 外部の人間の手による窃盗事件。
  4. 忽然と消えてしまった。 

 

聞いておいてなんですが、答えはありません。

私にもわからないのです。

 

でも、私にとって①番と②番はありません。

私が夢を見ていたとかいう落ちではありませんし、

この友達とは、他の旅行を含め、何度か行動を共にしていますが、この時以外に物が消えたことはありません。

 

③番の外部の人間による窃盗事件だとしたら、アクセサリーを戦利品として、回れ右して帰ってくれたことになりますよね。

だとしたらアクセサリーは私たちを守ってくれたことになります。

④番は、見えない何かから守ってくれた?とか?

 

③番か④番だとしたら、

アクセサリーさん、ありがとうございます!

です。

 

どちらにせよ、アクセサリーが消えた以外には、

旅館の雰囲気が怖かった。

それだけで済みました。

 

さいごに

私たちは旅館をチェックアウトすると、神社などを参拝してから、帰路につきました。

 

ちょっとしたミステリーツアーになりましたが、それらも含めて、思い出深い旅行となりました。

 

旅館が不自然なくらい異空間で、怖くて眠れないよ!と言いながら爆睡をした、のんきな旅でした・・・。

 

でもやっぱり!

どうせ泊まるなら、雰囲気が怖い旅館よりも、楽しくて素敵な旅館が良かったかな。

 

今回は勝手にキャンセルをされていた。という形でしたが、

なにか不自然なくらいおかしなことが起きたら、

それは『進むな』の合図かもしれません。

 

“~しなきゃ。”

に縛られがちですが、それが間違った選択をさせてしまうことも。

 

合図を感じた時には、臨機応変に対応できるようになっておきたいです。

 

他に素敵なチャンスやもっと楽しいことが待っている!

そのように受け止めて、羽のように身軽でありたい♪

 

“~しなくてはならない。”“~と決めたのだから!”と自分を縛りがちな私の、

体験から学んだことでした。