山田さんのtea time

メールよりもラインよりも、手紙が好き。手紙が持つ特別な効果とは
どんどん増えていく!子供が学校から持ち帰った作品の整理
コストコのプルコギアレンジ。何作る?

後悔しない生き方をしたいと思った時に読みたい、ニーチェの言葉

後悔しない生き方をしたいと思った時に読みたい、ニーチェの言葉

f:id:kirakirapark:20210414140526p:plain

ニーチェとは、19世紀後半に生きた、ドイツの哲学者です。

フリードリヒ・ニーチェ【1844年~1900年】。

後悔しない生き方をしたい時に読みたい、ニーチェの言葉を集めました。

“高まるために捨てる”

人生はそれほど長いものではない。夕方に死が訪れても何の不思議もない。だから、わたしたちが何かをなすチャンスは、いつも今この瞬間にしかないのだ。

そして、その限られた時間の中で何かをなす以上、何かから離れたり、何かをきっぱりと捨てなくてはならない。しかし、何を捨てようかと悩んだりする必要はない。懸命に行動しているうちに、不必要なものは自然と自分から離れていくからだ。あたかも、黄色くなった葉が樹木から離れ去るかのようにだ。

そうしてわたしたちはさらに身軽になり、目指す高みへとますます近づいていくことになるのだ。

出典元:超訳 ニーチェの言葉

今この瞬間、自分にとって本当に大切なことを、厳選できていますか?

本当はやりたくないことをやっていたり、好きじゃない人のことを考えている余裕などありませんよね。 

今この肉体の、時間は有限だから。

 

思うこと

その限られた時間の中で何かをなす以上、何かから離れたり、何かをきっぱりと捨てなくてはならない。しかし、何を捨てようかと悩んだりする必要はない。懸命に行動しているうちに、不必要なものは自然と自分から離れていくからだ。

出典元:超訳 ニーチェの言葉

歯を磨いている時は、歯を磨いていることに集中しなさい。

そういう言葉を聞いたことがあります。

すべてにおいて、どこまでそれができているでしょうか。

 

今目の前にあることに集中する。

身軽になるのは、その結果。

とりあえず、今に集中することで、今が過去になった時の後悔を、少なくとも減らすことはできますよね♪

私ですか?その場とは関係ないことを考えていることが多いです。

集中。集中!

 

“少しの悔いもない生き方を”

今この人生を、もう一度そっくりそのままくり返してもかまわないという生き方をしてみよ。

出典元:超訳 ニーチェの言葉

できなーい!無理無理。本気でそう思える日が来たら、この上ない喜びでしょうけど・・・。

 

思うこと

今この人生を、もう一度そっくりそのままくり返してもかまわないという生き方をしてみよ。

出典元:超訳 ニーチェの言葉

生きている限り、『生き方』を変えるチャンスの連続です。

後悔のない『生き方』って、なんだろう・・・。

自分に与えられた過去の素材を全て生かし切ることでしょうか。

なぜ自分がこのような境遇に生まれたのか。

なぜこのような思いをしなくてはならなかったのか。

その理由を自分自身の中に見つけることができたら、『生き方』とやらの『柱』を、見つけることができるのでしょうか。 

みなさんは、自分の中に生まれたエネルギーを、正しく使えていますか?

 

“いつかは死ぬのだから”

死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう。

いつかは終わるのだから、全力で向かっていこう。

時間は限られているのだから、チャンスはいつも今だ。

嘆きわめくことなんか、オペラの役者にまかせておけ。

出典元:超訳 ニーチェの言葉

いつでも今がラストスパート!

疲れたら眠れ!

ですね。

 

思うこと

死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう。

いつかは終わるのだから、全力で向かっていこう。

出典元:超訳 ニーチェの言葉

今の人生を生かし切らなきゃ、何のための苦労か・・・。

嘆きわめくことなんか、オペラの役者にまかせておけ。

出典元:超訳 ニーチェの言葉

役者さんに、まかせておきましょう! 

 

みなさん、1980年代を代表する、『北斗の拳(けん)』という漫画はご存じでしょうか。 

アニメ化やら映画化もされています。

主人公ケンシロウの宿敵、ラオウが亡くなる直前に、

「我が生涯に一片の悔い無し!!」 

と言っていたのはご存じでしょうか。

・・・かっこいいですよね。

 

「我が生涯に一片の悔い無し!!」 で、思い出したのですが・・・、

私の友達と、友達のおじいちゃんの話をします。

そのおじいちゃんが、ガンの闘病の末に亡くなり、友達が看取った時の話です。

 

おじいちゃんの息子夫婦は離婚していて、それぞれ別の場所で暮らしていました。

友達の両親のことです。

当時10代後半だった友達は、両親が残した家のローンを働いて返しながら、退院して自宅療養となったおじいちゃんと2人で暮らしていました。

おじいちゃんが、最後自宅で亡くなった時も、1人で看取ったそうです。

 

そのおじいちゃんが、亡くなる直前に言った言葉があります。

「俺の人生!最高ー!!」

親指を立てて、グッドのポーズをしてから、亡くなったそうです。

「本当だって!」

と、友達は言っていました。

 

「おじいちゃんね、すごく苦労したんだよ。」

「戦争から戻った時は、生きて帰ったことを、周りの人からとても責められたんだって。」

ここだけの話、

おじいちゃんは、

戦争中でも、生きたい!生きたい!ってずっと思っていたって。

「辛かったけど、生きて帰ったから、おばあちゃんに出会えて、子供に会えて、私にも会えたって。だから良かったって言ってた。」

友達の記憶の中のおじいちゃんは、よくおばあちゃんと趣味の社交ダンスを踊って、くるくると回っていたとか。

「本当に明るいおじいちゃんだったの。おじいちゃん大好き。おじいちゃんのように生きたい。」

「私も最後、おじいちゃんみたいに、「私の人生最高ー!」と言って、死ぬんだ♪」

と言っていました。

私も、「私の人生最高ー!」と、言いたいです。

 

さいごに

ニーチェの言葉、

  • “高まるために捨てる”
  • “少しの悔いもない生き方を”
  • “いつかは死ぬのだから”

を、紹介しました。

 

今に集中し、今を喜び、今に感謝して生きたいです。

忘れたら、また思い出そう。

 

▽このような焼酎がありました。・・・なんか、かっこいい・・・。