見える時は、ものすごくはっきりと見えるし、聞こえる時は、すごくはっきりと聞こえるものだなと思った話

「木漏れ日の緑」の写真

今回は少し不思議な話をします。

 

私は霊感とかは強くないと思いますが、見えるものだけが全てだとは思っていないし、不思議なことを全否定したりはしません。

 

直感は鋭いところもあります。

 

お問い合わせなどで企業に電話した時に、電話口に出た人の声を聞いてすぐに、

話がうまくまとまるか、嫌な思いをするか、はっきりと分かったりします。

「あ、今回はダメだ。」

「何とか言って、電話切った方がいいかな~。」

とか、

「良かった!話がスムーズにいくわ。」

とか。

 

この感覚は本当に当たる。

だから、直感とかは、素直に頼った方がいいと、思っています。

それでも、

頭で考えすぎて、失敗してしまうことはあるのですが・・・。

 

私は耳はいいのか?

不思議な声を聞いたことは、今までにも何度かあったのですが、

あきらかにその場にいないはずの人の姿を、はっきりと見たことはなかったのです。

 

本当に見えるものなのか・・・?

見える感覚って、どのようなものなのかな?

と、思っていたのですが、

 

最近、はっきりと、いるはずのない人の姿を見て驚いたことがありました。

 

あまりにも自然に表れて、

名前を呼んで、話しかけられました。

 

見えた時の話と、そのことで思ったことを書きます。

怖い話ではないと思います。

見て、聞いた時の話

雲の無料写真

今まで本当にお世話になった方が、亡くなりました。

 

その方が息を引き取った一報を受け取り、すぐに会いに行きました。

 

遺体はベッドに横たわり、顔には布がかけられていました。

 

広くはない場所だったので、私は遠巻きに見ていて、

最初は夫が近くに行き、その方の体に向かって話しかけていました。

 

夫がその場を離れ、次に私が傍に行きました。

 

その時でした。

 

その方が、むくっと体を起こしました。

もちろん、本当の肉体は、ベッドに横たわったままでした。

 

体を乗り出すようにして、私の方を向きました。

 

その姿は、亡くなった時の姿ではなくて、

私が知っている一番元気な頃のお姿でした。

いつもしていた髪形で・・・。

 

それで、

「○○ちゃん、ーーーーー。」

「ーーーーー。」

私の名前を呼んで、ある言葉を繰り返して言いました。

 

その時の表情は、生前、何度か見たことのある表情。

 

それで私は号泣して、この後しばらく涙が止まらなくなってしまったのですが・・・。

 

周りの人には、私があまりに泣くから、驚かれてしまったかもしれません。

 

だけどその時思ったのが、

見える時は、めちゃくちゃはっきり見えるものなのだな。

ということ。

 

声も、その人そのもので、

話し方をまねできるくらい、はっきりと、

相手の感情がわかるくらい、はっきりと、

聞こえたのです。

普段見えない私が、どうして見えたのか考えた

心臓の無料写真

生きている人間の方が、断然強い。

ということを聞いたことがあります。

 

生きている人間が飛ばした意志の方が強くて、影響力も大きいそうです。

好きも嫌いも、あまり強く思うと、相手に届いたりします。

 

飛ばされた方は、相手のことを考えたくなくても、なぜかしょっちゅう思い出してしまったり、考えたりしてしまうことも。

 

そのくらい強い、人の意思だから、

亡くなったばかりの方の意思も、見えやすいのかなと思いました。

相手の伝えたいという強い意志

自分自身の感知する能力以外に、相手の届けたいという意思も必要だと思いました。

 

届けたい意志といえば・・・、

高校生の時に、同級生から聞いた話を思い出したので、そのことを書きます。

相手は動物です。

高校生の時、同級生から聞いた隣の家の犬の話

彼が小学生の時の話です。

 

夜中にふと目が覚めました。

普段は、

一度眠ると、朝まで起きないタイプで、自分でも不思議でした。

 

せっかく目が覚めたので、

それほど行きたかったわけではなかったけれど、

トイレに行っておくことにしました。

 

自分の個室を出て廊下に出ると、

廊下に隣の家の犬がいたそうです。

静かにたたずんで、彼のことをじっと見ていました。

 

その時は、何故隣の家の犬がこんなところに、とか、

そういう細かいことまで頭が回らなくて、

ただ、

「○○だ。(隣の家の犬の名前)」

と、思ったそうです。

 

トイレに行ってから戻ってみると、

隣の家の犬は、すでに廊下にはいませんでした。

 

彼は、眠かったので、深いことは考えず、そのまま部屋に戻り、

朝までぐっすりと眠りました。

 

廊下で見た、隣の家の犬が、

夜中に息を引き取っていたことを知ったのは、

朝を迎えてからでした。

 

朝、学校に聞く時に、

犬の飼い主の、隣の家の方が、教えてくれたそうです。

 

その時に、漠然と、

「最後に、会いに来てくれたんだな。」

と思ったそうです。

 

隣の家のワンちゃんと、とても仲良しだったんですって。

さいごに

「美ヶ原の夜明けの雲海」の写真

見える時は、すごくはっきりと見えるし、声もまた、はっきりと聞こえるものだなと、驚いた話でした。

本物と勘違いしてもおかしくないくらい、リアルでしたよ。

 

リアルではない場合もありそうですが、私はその場合を知らないです。

 

普段と違うことが起きた時は、なおさらそこに意味があるのでしょうね。

 

あらためてその時のことを思い出して、私にできることは何かな、と考えました。

今できることを一つ一つ積み上げて、小さな思いやりを少しずつ重ねていきたいと思いました。

きっとその先に望んだ未来があると・・・。

 

思い通りにいかず、苦しいことが続く時はありますが、

自分自身と向き合い、新たな自分と出会うための必要な儀式だと思いたいです。

 

目には見えなくても、応援をしてくれる人や、そばにいてくれる人はいるのでは。

きっと一人ではありませんよ。