山田さんのtea time

メールよりもラインよりも、手紙が好き。手紙が持つ特別な効果とは
日用品リストを作る
常備しておきたい、食品リストを作る
今、手の中にある幸せを、100個書いてみた

入園・入学準備!持ち物に名前を書くためのグッズいろいろ

f:id:kirakirapark:20220311191741p:plain

お子さんの入園・入学準備はお進みでしょうか。

わが家では、この4月から3歳の次男がこども園に入園する予定です。

 

子供が持っていく持ち物すべてに、名前を書かなくてはならないのですが、

先日、名前を書く際に、どのような手段を用いるのか、お母さんたちの間で話題になりました。

 

そこで!

持ち物に名前を書く方法を、いろいろ集めてみましたよ♪

私が使ったことがあるものに関しては、メリット、デメリットなども書いてみました。

名前を書くためのグッズいろいろ

私が使ったことがあるものから、人から教えてもらったものなど、いろいろ集めました。

名前を書く方法いろいろ
  • テプラ。
  • 名前スタンプ。
  • 紙製名前シール。
  • アイロンで付ける名前ラベル。
  • タグ用ノンアイロン防水シール。
  • 名前ワッペン。
  • フロッキーシール。
  • 名前を刺繍。
  • 油性マジック。

テプラ

テプラに名前を入力して、印刷すると、名前が印字されたテープが出てきます。

 

テプラのカートリッジの太さを選べます。

わが家では12mmを購入して、字の大きさを調節して使っています。

どんな時に利用していた?
  • 水回りのモノ。
  • 丸いモノ。
  • つるつるした素材のもの。

などなど。

メリット
  • 名前の表記方法(ひらがな、カタカナ、漢字など。)を、自由に変えることができる。
  • 可愛い記号や絵を利用して、名前を可愛く演出できる。
  • 名前の字体を好みのものに変更できる。
デメリット
  • テプラを準備する作業が面倒。
  • 1枚、1枚名前を印字しなくてはならないので、面倒。
  • テプラの粘着面のテープをはがすのが面倒。
  • 初めにコストがかかる。

 

▽アイロンラベルのカートリッジ。

テプラで名前を印字して、布地にアイロンで貼り付けます。

ハンカチや活動着など布製の物にも名前を付けられますよ。

テプラにアイロンラベルがあることを、最近知りました。

次男の入園準備に購入しましたよ♪

名前スタンプ

スタンプにインクをつけて押すだけ♪

 

幼稚園の入園祝いにいただいたので、長男には名前スタンプセットがあります。

わが家では、スタンプの出番は多かったですよ♪

どんな時に利用していた?
  • 文房具。
  • 名前ラベル。
  • 服のタグ。

などなど。

メリット
  • スタンプなので、一度購入してしまえば低コストで長い期間使える。
  • 使える場所が幅広い。
デメリット
  • 自分でスタンプを押すので、失敗することがる。
  • 集中力がいる。
  • スタンプを出すのが面倒。
  • 初めにコストがかかる。

スタンプを押す時のコツ

  • 隅々まで均等にインクをつける。
  • スタンプを押す時は、隅々までしっかりと押さえてからスタンプを上げる。
  • スタンプをした後は、充分に乾かす。

子供の持ち物は、しばらく使い続けるので、スタンプを押す時は、全集中です。

紙製名前シール

      紙製の名前シールです。

      はがして、目当ての場所に貼るだけなので、とても便利です。

      どんな時に利用していた?
      • 文房具。

      などなど。

      メリット
      • はがして貼るだけだから、お手軽。
      デメリット
      • 使いにくいサイズのシールが残りがち。
      • 可愛いデザインのシールだと、子供が大きくなった時に使いづらい。

      アイロンで付ける名前ラベル

          布製の名前ラベルです。

          アイロンで衣類に貼り付けるタイプです。

          どのような時に利用していた?
          • 活動着。
          • 制服。
          • スモック。

          などなど。

          メリット
          • 名札のようにきちんとした印象がある。
          デメリット
          • 何度も洗濯をしていると剥がれてくる。

          洗濯をして剥がれてくるのを予防する!

          名前ラベルをアイロンで貼り付けたら、

          熱が冷めてから、針と糸で名前ラベルを縫い付けていました。

          タグ用ノンアイロン防水シール

              衣類のタグに貼ることができる、名前シールです。

              私は使ったことがありませんが、可愛いし、便利ですね。

              着替え用の普段着のタグに、名前シールを貼りたいなと思いました。

              名前ワッペン

                   

                  ▽色違いの、デザイン違いで赤色系。

                      ワッペンは、見た目がとても可愛いですね。

                      アイロンで貼り付けるタイプから、縫い付けるタイプまで、いろいろあるみたいです。

                      フロッキーネーム

                          アイロンで押さえて、名前を布地に転写します。

                          ぷくぷくとした見た目が可愛いです。

                           

                          保育園の先生をされていた方が、

                          「靴下は、フロッキーネームで名前が書いてあると一番わかりやすかったです。」

                          と、話していました。

                          貼り付け方に、コツがいりそうですよ。

                          名前を刺繍

                          名前を刺繍されている方もいます。

                              • 好みの色を選べる。
                              • 文字の大きさが自由自在。
                              • 心を籠められる。

                          など、いいところがありますね。

                           

                          雑巾に、おおざっぱに名前の刺繍がしてあるのを見たことがありますよ。

                          雑巾は名前を書きにくいので、いいなと思いました。

                          油性マジック

                          お手軽で楽な方法です。

                          マジックを手に取り、自分で名前を直接書きます。

                          どのような時に利用していた?
                          • ありとあらゆるところ。
                          メリット
                          • とにかく楽。
                          • コストが少なく済む。
                          デメリット
                          • ビジュアルが気になる。
                          • 書き間違えることがある。
                          • 書きにくい素材がある。

                          「シールやスタンプを用意していたけど、最終的には面倒で、オムツなんかは全部マジックで手書きしていたわ。」

                          という意見を、他のママから聞きましたよ。

                          名前入りのものを買う?名前は自分で書く?それぞれのいいところ

                          名前シールなどには、

                          名前が先に印字されたタイプと、名前が印字されていないタイプがあります。

                          どちらがいいかというと、

                          それぞれにいいところがあります。

                          名前が印字された名前シールのいいところ

                          前もって名前が印字された状態のものです。

                          はがして貼るだけなので、便利でお手軽です。

                           

                          ▽小学校で必要になる算数セット用の名前シールもありましたよ。

                          名前が印字されていない名前シールのいいところ

                          名前が印字されていなくて、

                          自分で名前を書いたり、名前スタンプを押して使う、名前シールがあります。

                          自分で名前を書くメリット
                          • ひらがな、漢字、カタカナ、アルファベットなど、好きな字を使うことができる。
                          • 名字だけ、下の名前だけ、あだ名など、好きなように表記ができる。

                          などなど。

                          名前の書き方を、状況や、子供の年齢に合わせて自由に変えることができますね。

                          さいごに

                          f:id:kirakirapark:20220312203754p:plain

                          現在小2の長男が入園する時は、

                          テプラと、名前スタンプと、紙製名前シールと、アイロンで付ける名前ラベルを用意しました。

                          • 幼稚園の制服などには名前ラベル。
                          • 文房具などは紙製の名前シール。
                          • 着替え用の衣類にはタグの部分に名前スタンプ。
                          • 傘や水筒、弁当箱などにはテプラテープ。

                          と、使い分けていましたよ。

                           

                          次男の名前を書く時は、テプラの12mmのアイロンラベルや、白テープなどを活用してみようかなと思っています。

                          タグ用ノンアイロン防水シールや、フロッキーネームも気になります♪

                           

                          他にも便利なグッズがたくさんありそうですね!

                          園や、学校のルールに合わせて、準備をしたいところです。

                          みなさんそれぞれの、ちょうどいい方法が見つかりますように。

                           

                          あわせて読みたい 参

                          牛乳パックでペン立てを作る