山田さんのtea time

メールよりもラインよりも、手紙が好き。手紙が持つ特別な効果とは
どんどん増えていく!子供が学校から持ち帰った作品の整理
コストコのプルコギアレンジ。何作る?

怖い話。体験談。【金縛り】腕を引っ張る何かと戦った話

ランプ, 石油ランプ, ノスタルジア, 古い, 歴史的に, 古代時, 夜, 神秘的な, 暗い, 黒, 石油

子供の頃の、金縛りの体験のひとつです。

前回書いた金縛りの体験より、少し後のこと。

 

私が中学2年生の時の話です。

その日は母と昼寝をしていました。

昼寝と言っても、確か夕方近くでした。

f:id:kirakirapark:20210726060859p:plain

母が私の右側。

二人で絨毯の上に直接寝転び、タオルケットをかけて、軽い昼寝です。

 

まだうっすらと明るい時間帯でした。

金縛りは夜とは限らないのですね・・・。

 

今回の金縛りは、前回よりも怖かったです。

それで、このようなことが、たびたびあってはたまらない、と思い、あることをしました。

金縛りの内容と、私がした、あることについて書きます。

昼寝中に腕をつかんできたなにか

母と並んで昼寝をしていると、ふと目が覚めました。

すると部屋全体が、オレンジの絵の具を薄めて塗りつぶしたかのように見えたのです。

嫌な予感がして、目を閉じたら、それはきました。

赤ちゃんはこのように、バンザイのポーズで寝ることが多いですが、私は赤ちゃんのように、バンザイのポーズで寝ていることが多いです。

 

ズン!と、全身を押さえこまれたように、急に体が重くなり、

なにかに両手首をつかまれ、すごい力で引っ張っられました。

『こっちにこい。』

という声まで聞こえました。

『こっちにこい。』

と、いう言葉を何度も繰り返しています。

少しでも油断をすると、引っ張っていかれそうなほどの力です。

 

私は全力で抗いました。

力を抜くと、引きずり出されるというか、引きずり込まれそうな力でした。

 

私の寝ているところの、頭の左側の上の方に、20代半ばくらいの男の人が座っていると感じました。

見たわけではないのですが、(怖くて見れないし、見る余裕はありませんでした。)それは、黒い渦のようにも思えました。

そのなにかが、私の両腕をつかみ、黒い渦の方に引っ張っていました。

f:id:kirakirapark:20210726064054p:plain

 

私も相当頑張りましたが、引っ張る力も、すごく強かったです。

『ここで負けたらどうなるか分からない!』

と思って、絶対に負けるものかと思いました。

だけど、

その攻防が長くて・・・、

全身が汗でじっとりとするほど、もうへとへと・・・。

そのような時でした。

 

右隣で寝ていた母が、私の体に触れ、電気をつけました。

紐が垂れ下がっていて、紐を引くと電気がつくタイプの照明です。

 

時間帯的に、元々それほど暗いわけではなかったのですが、電気をつけることで、部屋の中が、パッと明るくなりました。

 

引っ張り合いの金縛りは、終わっていました。

「お母さん、どうしてわかったの?」

「何が?」

「今すごくいいタイミングで、起こしてくれた。」

「そうなの?・・・なんか急に起こそうと思って。」

母は意味が分かっていなさそうだったけど、とにかく母が私にふれたことで、金縛りが終わりました。

 

この後、夕食の用意を始めた母に、特に事情を話さなかったと思います。

その時何が起きていたかということを。

先ほど起きた事を、すぐに声に出して話したくない。という感覚もありました。

 

・・・かなり疲れました。

少し前にも金縛りがあったし、このようなことが度々あってはたまらない、というのが感想でした。

自己暗示?それとも?私がした、願い事

私を守っている何かに、お願いすることにしました。

『もうこんな怖い思いをするのは嫌。身が持たない。良くない場所を避けたり、危険を避けるのにどうしても必要な感覚以外は、感じられないようにしてください。』

強く願っていたら、すっと何かに蓋をされるような感覚がありました。

明確な変化があったわけではありませんが、

『これで大丈夫・・・。』

そのような気持ちに。

もしかしたら、おまじないのような効果があったのかもしれませんね。

 

とりあえず、それから、怖すぎる金縛りは、なくなりました♪

以降も、たまに不思議な体験はあるのですが・・・、

ちょっと不気味、とか、やっちゃった!とか、嫌な予感、とか、神秘的、とか、ほっこり、とか、そのような感じの比較的穏やかな内容です。 

さいごに

私が中学生の時の、金縛り体験談でした。

そうそう、

この時以降、しばらくの間、私は手をバンザイして寝ないようにして、布団を鼻の辺りまでかぶり、みのむしのように眠るようになりました。

また手をつかまれたくないから・・・。

 

今では忘れて、またバンザイして眠っています。

それでこの間、ベッドでうたたねをしていたら、なにかに左手首をつかまれました。

その時は、掴まれている腕だけが固定されたように動かなくなって、

手が、とても熱く感じました。

温かいというより、熱い。

すぐに終わったのですが、あれは何だったのかな・・・。

驚きはしましたが、今回のは全然怖くはなかったです。

 

怖い話は他にも♪

旅行先で、友達と共通の夢を見た話

泊まった旅館に雰囲気がありすぎて、電気をつけたまま寝た話。

最後まで私の怖い話にお付き合いくださり、ありがとうございました♪